2006年04月29日

おいしいタイ料理屋さんに行ったよ

夫は今日、1日健康診断の日だった。
そのため珍しく夕方前に帰ってきたので、前から行ってみたかったタイ料理屋さんに行ってみることになった。やっほうひらめき

お店の名は「Lemon Grass」。
kitaponniceさんのこの記事を読んで以来、いつか行くぞ!と、ずっと思っていたお店。

IMG_2619.JPG

19時頃着きましたが、店内は適度に混んでいて、キャンドルが灯り照明も落ち着いていて居心地良い感じ。
店員さんもフレンドリー。
夫はさっそくシンハビールを頼み、料理が出てくるまで学生時代のタイ旅行の思い出に浸る。

kitaponniceさんのお薦めに忠実に、下のメニューを注文。

Cheese Roll
串焼きチキン(Chicken Satay)
パッタイ
レッドカレー

それがこれ。↓(Cheese Rollは写真を撮る前に食べてしもうた・・・)
IMG_2625.JPG

どれも本当においしいexclamation×2
特にカレーがおいしかった〜黒ハート
夫はすっかりレッドカレーの虜となり、これはうまい、とパクパクと食べていました。
それにしても私たち夫婦って今週何回カレー食べてるんだ。

ウワサ通りの「うまい、安い、量が多い」お店で、とっても満足。
ああ、おいしかったなぁ。 (´▽`) 恍惚の表情。
カレーは4種類あったから、是非とも全部試したい。
他のメニューもきっと、「ハズレなし」に違いない。
アジアごはんってほんとにおいしいなぁ。
絶対また行くど!足
posted by Hana at 11:29| Comment(2) | 美味しいお店&美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

我が家でランチ

今日はH美さん、みさみささん、M香さん、そしてB.B.が我が家にランチに来てくれました。レストラン

我が家までの道中があまりに何もなく、あまりに田舎で、驚くシティー派の3人。
これでも北では開けた場所なのだと、近くの大型モールの名前を連呼して弁明する私。
必死さが哀れを誘う。

LUNCH MENUだす。
     ↓
ひき肉とオクラのキーマカレー
アスパラと絹さやのパルメザン炒め
コールスロー
BABY SPINACHのサラダ
マンゴーのヨーグルトドリンク(ラッシー犬
IMG_2612.JPG

プラス、
H美さん手製のえびかつ&ちくわの磯辺揚げ
M香さん手製のフルーツサラダ in パイナップル 
みさみささん手製のミルクレープ


IMG_2613.JPG

と、みなさんのお陰でとっても豪華なランチになりました。

それにしても、こちらで知り合う方ってほんとみんなお料理上手です。
お菓子も絶品。
なぜだ。なぜなんだ。
みなさん、レシピは逐一、私に報告してください。

IMG_2614.JPG



       
     
   
       ピンクも着こなす男前。










お腹もいっぱいになり会話を楽しんでいるところに夫から電話があり、今日は夕食用意しなくていいよ、とのこと。
なんで?と聞く私に夫は言った。

「インド人の同僚から手作りカレーをもらったんだよー」

exclamation×2exclamation×2( ̄ロ ̄lll)どんっ(衝撃)

なんでよりによって今日なんだ。

でもうれしいけど。
ほんとはかなりうれしいけど。
だってカレーは大好物よ。
うひひ、夜もカレーが食べられる。ひゃっほーひらめき

そしてこれがその「本場カレー」です。
IMG_2617.JPG

夫と同時に、ひとくち口に運ぶ。

もぐもぐもぐ。

・・・・・・おおおおexclamation×2
「お、おいしい〜!!」

そしてその数秒後、
「辛い!辛い!!辛い〜!!!どんっ(衝撃)
突き抜ける衝撃の辛さ。

@「でもおいしい!」
A「でも辛い!」
B「辛い、でもおいしい。あ、あ、でも、から〜い!!どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
(以後@〜B繰り返す。)

やっぱり本場のカレーはうまかった。
「ねぇちゃんのカレーは世界一!」と、
そのインド人の同僚が豪語しただけのことはある。
でも辛かった。
辛さと戦い、噴き出す汗を抑えながら必死で食べました。
おいしいものを食べているのに、表情は終始険しいのが不気味。

日本のカレーもおいしいけど、インドのもやっぱりすごい。
期せずしてカレーの奥深さを改めて思い知らされた日となりました。

みなさま、昨日は雨の中お越しくださり有難うございました。
都会に疲れたらまたいつでもお越しください。
北東の地でキツツキとお待ちしております。
posted by Hana at 09:34| Comment(0) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

巻き寿司ばんざい

今日は午後からH美さんのお友達の中国人のおうちへ行く予定でした。
が、彼にお仕事が入ってしまった模様。
そのため予定を変更して、公園でお昼を食べることに。

H美さんが用意してくださった巻き寿司を、4人で食べる。
う、うまい。ひらめき
お料理上手なH美さんの作るものはなんでもおいしいけれど、
天気の良い公園で、風に吹かれながら食べる巻き寿司は、これまた格別。

その公園は川に面していて、ボートを出している人もいる。
他のベンチでも私たちと同じようにランチをとっているグループが何組かあり、風に乗って笑い声が聞こえてくる。
散歩中の犬が通りかかると喜ぶH美さんの愛犬B.B.。
近くの木でじゃれている、リス3匹。
なんとものどかな午後のひと時となりました。

リスは寿司を狙っていたのか、1匹はかなりの接近戦で挑んでいた。
私たちが座っていたベンチのすぐ後ろにあった、バーベキューコンロに隠れていたのだけど、両手と耳と尻尾が見えているのに頭だけ隠していて、かなり笑えた。
じーっと見ていると、リスがそーっと頭を上げてくる。
私たちと目が合うと慌てて頭を引っ込める。
でも両手はコンロの隅にかけたまま。
その様子がまるで人間のようで、なんとも愛嬌がありました。

もうすぐ大雨がしょっちゅう降ったり、ありえないほど暑くなるそうなので、こんな風に外でランチができるのも今のうちかも。
H美さんのお友達に会えなかったのは残念だったけど、なんか妙に楽しかった。

巻き寿司、私もやってみよー。手(グー)

あと、みさみささん、ウォッシャー液直してくださり、どうもありがとうexclamation
ボンネットを覗いている横顔が凛々しくて素敵でした。ぴかぴか(新しい)
車に詳しいって、かっこいい黒ハート

posted by Hana at 06:50| Comment(2) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

ガンダム世代。

まだ続くか、この話題。

本日、日本の本社からの出張者の方が4人、我が家へ夕食を食べにいらっしゃいました。
その時も話題になったのが、ガンダム。
もとはと言えば私が、
夫が毎日のようにガンダムを観ている、
と言ったのがことの発端なのだけど、そこから夫を含む5人の男性はガンダム談義に花が咲いていました。

みなさん、お好きなのですね。改めて感心。
その内容についていけるのは夫のおかげと感謝すべきか。

私が幼い頃好きだったアニメと言えば、
「風船少女テンプルちゃん」と「魔法少女ララベル」
すごく好きで、水着入れもララベルちゃんだったと記憶している。
テンプルちゃんの紙芝居も持っていた。
しかし、話の内容は、まったくもって覚えていない。
その事実に、愕然とする。
「ニルスの不思議な旅」も、
「スプーンおばさん」も、
好きだった割には話を覚えていない。
小さかったからかな。
でも歌は歌えるのが、不思議。

アニメも歌も、観たり聞いたりする時「その時代の自分」が、鮮やかに蘇ってくる。
このアニメを観ていた時、この歌が流行っていた時、自分は何歳でこんなことしてたなぁ、こんなこと考えてたなぁ、あの場所であの友達と聞いたっけ、と、次から次へと記憶が戻る。

今は無意識に耳や目に入れているものが、数年後、ここでの生活を色鮮やかに思い出すきっかけをくれたりするのだろうな。

今の自分を、どんな気持ちで思い出すのかしらん。
そのときの自分には、今の自分やここでの生活は、どんな風に映るのかしらん。

そうやって振り返る日は必ず来るのだから、ここでの生活でちょっとしんどいことがあってもなるべく楽しくやっていこう、と思いました。

タイトルと、ずれまくったシメの句。

posted by Hana at 13:20| Comment(4) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

今夜もガンダム。

夫はガンダムが好きである。
最近は毎晩のように、日本から持参したガンダムのDVDを観ている。
毎晩、ガンダムかニュース、ニュースかガンダム、である。

こう書くと、なにかアニメおたくのようだけど、
好きなのはガンダムだけ。(あ、あとジブリもか。十分おたく?)
戦隊モノが好きだというわけではなく、
ただ、「ガンダムが好き」らしい。

今もガンダムを観ている。
ガンダム鑑賞中は、話しかけても聞こえないらしい。
私はヒマヒマ星人になります。
そんなとき、こうしてブログを書いています。

ガンダムって、小さいとき兄が観ているとき横にいたけど、
当時の私にはさっぱり内容が分からなかった。
「おおきいひとのみるものって、むずかしい」
というのが当時の私の感想だったけど、
立派に「おおきいひと」になった今も、良く分からない。
というか、深い。
これが当時、「たのしいようちえん」という雑誌で連載していたというのだから(夫から聞いた)、驚く。

アムロー、ふりむかないーでるんるん

予断ですが、
カイの声は「うる星やつら」のあたるくんと同じですね。
ナレーションは波平さんだし。
マチルダさんはアンパンマン(または鬼太郎、またはキャッツアイの瞳、またはスカリー捜査官、または・・・)だし。

「アニメこのキャラとこのキャラ同じ声だよねシリーズ」の私の持ちネタとしては、

位置情報「サザエさん」のワカメちゃんと(昔の)「ドラえもん」のしずかちゃん
位置情報「ルパン三世」の富士子ちゃんと「一休さん」の一休の母上様
位置情報「サザエさん」の花沢さんと「ちびまる子ちゃん」の山田くん

というのがあります。
この持ちネタを人に披露すると、だいたいみんな、
「おにいちゃん、ずるーい」とか、「ドラちゃん、ノビ太さーん」とか、
それぞれ、↑ワカメちゃんや、    ↑しずかちゃんの言いそうなセリフを声にだして言ってみているので、笑える。
そしてその後だいたい、おお、本当だひらめきと顔を輝かせるのがまた笑える。

なんの接点も無い過去を持つ者同士でも、同じアニメを観ていた事で盛り上がるとき、突然過去の時間を共有したような感覚にとらわれて親近感が沸く、ということって、ないですか?

同じ部屋にいる夫の観ているガンダムは、今ちょうどリュウが死んだところです。
まだ先は長いよ。


なんだかどうでもよい内容で、すみません・・・。
posted by Hana at 11:57| Comment(4) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くうちゃんとめいくんがやって来た!

昨日はcoco10mochaとそのお子さん、くうちゃんとめいくんがうちに遊びに来てくれました。

くうちゃんとめいくんなんて、なんと愛らしい名前。黒ハート

私は「となりのトトロ」が好きなので、(←夫の影響)
めいくんの名前を聞くといつも、
「めいぢゃぁぁぁぁぁぁぁぁんんん」
と、カンタのおばあちゃんの声真似をしたくなる。(←夫がやるとゲキ似)

くうちゃんの持参してくれたおままごとセットで、買い物ごっこをしました。

私    :「おねえさん、今日は卵が特売だよー」
くうちゃん:「じゃあ買っていくわ」
私    :「おねえさん、今夜は何をつくるんだい?」
くうちゃん:「カレーよ。だからじゃがいもとにんじんも買っていかなくちゃ。
       あと、デザートのいちごもね。」

女の子って、ちっちゃなうちから女の子だなぁ、逆に男の子も然り、と、
今夜のメニューを考えながら買い物を進めるくうちゃんと、
ままごとをする私たちの横でミニカーで遊ぶめいくんを交互に見ながら感心して思いました。
神妙な顔をして、しずしずとおもちゃのお金を財布から取り出すくうちゃんが、
とってもいじらしかったです。

目が合うとだっこをせがんでくれるめいくん。
こちらを目をぱちくりさせて見ていたかと思うと、突然にっこり笑う。
だはっ!かわいい!
めいくん、おばちゃんキラーだね・・・。

ふたりを見ながら、私もやっぱり一人目は女の子がいいな、と一人夢想する。
女の子ができたらうんと料理好きな子にしよう。ひひひ。いいね、それ。
お母さん、今夜は何が食べたい?なんてね。うひゃひゃ。

自分の過去を顧みず(実家では料理なんかしなかった)、夢想は段々と悪だくみのようなものに発展していくのでした。

coco10mochaさん、くうちゃん、めいくん、
昨日は雨の中遊びに来てくれて、どうもありがとう。手作りのおいしいパウンドケーキもご馳走様でした。ハートたち(複数ハート)
また来てちょー。
今度はお肉を特売にして待ってるよー手(パー)
posted by Hana at 08:56| Comment(0) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

おにいさんといっしょ。とほほのおまけ…

夫の兄は無事2泊3日のジョージア州滞在を終え、日曜日の夕方にオハイオ州に戻っていきました。

ああ、楽しかったな。
夫も久々におにいさんとゆっくりお話が出来て、うれしかった模様。
終始ごきげん。
私の労をねぎらって、「すし福」にお寿司を食べに連れて行ってくれました。
お腹いっぱいにお寿司を食べて幸せいっぱい、
さぁ帰ってのんびりしよう、と高速を上機嫌で走っていたとき、事件が・・・exclamation×2

突然、パシッ!と亀裂音。
exclamation&questionと思ったら夫の叫ぶ声。
「フロントガラスに雷ヒビ雷入った!」

ええっっexclamation&question ( ̄ロ ̄lll)どんっ(衝撃)


見ると、前を走っていたダンプのはねた小石が当たったのか、
フロントガラス左下に、10センチほどの亀裂が・・・・。

がちょーん。
一転して、一気に暗くなる社内のムード。
せっかくご機嫌だったのに・・・・。

ああ、なんてことだーーーーー

夫とふたり、ショック覚めやらぬまま走っていると、

ピシピシピシッ

の音と共に亀裂はさらに5センチ広がりました。

もう、ふたりで声を出して笑いました。
まぁ、せめて、走行中に全部割れなかっただけでもヨシとしなきゃね・・・。

今日、ディーラーに行き、亀裂を見せ、見積もりをしてもらい(思ったより高かった・・・)、金曜日の修理の予約を取りました。
その後保険会社に電話。
保険でカバーされる額は、ディーラーで取ってもらった見積額のちょうど半額、自腹額高いよぅ。
私の英語に付き合ってくれたディーラーのおにいさん&保険会社のおねえさんに感謝。

ちなみにフロントガラスは英語では「windshield」と言うのですね。
和製英語、多すぎ。
このサイトを見て、これも和製かい!!と驚く単語がたくさん。
和製英語、英語学習者の足を引っ張っているよ・・・。


世の中、いつ何が起きるか分かりませんね。
とほほ。
みなさまもお気をつけください・・・。
posted by Hana at 05:41| Comment(2) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

おにいさんといっしょ。

先週金曜日の夜から昨日まで、夫の兄が遊びに来ていました。
土曜日は夫とおにいさんと3人で1日中外に出ていましたが、
「これぞアトランタ観光・ダイジェスト版!」な1日でした。

まず最初に訪れたのは、映画「風と共に去りぬ」の作者マーガレット・ミッチェルの記念館。
敷地内に建っている家は、彼女が実際に住んでいた、「風と共に去りぬ」が生まれた場所とのこと。
それは是非見ておかねばと、張り切ってガイドツアーに参加。

IMG_2554.JPG記念館にはバスで来ていたツアーのお客さんもいて、ガイドツアーもその方たちと一緒になったのだけど、みなさんとても熱心にガイドの言葉に耳を傾けており、それだけでこの映画がどれほどみなに愛されているのかが分かる気がした。

なんてことを書いているが、実は私と夫は、アトランタ赴任が決まったときにあの映画を観ようとし、観始めてわずか20分で挫折してしまった・・・。
せめてここに来る前にはちゃんと観ておけば良かった、と悔やまれたけど後の祭り。
ガイドの言葉にも他の皆さんのようには今一歩感情移入できず、少し後ろめたいような・・・。
それでも、あの有名な作品はこの小さな部屋の窓辺で生まれたのか、と感慨深い思いに浸れた。
部屋の調度品も、彼女がこの部屋にいた1920年代の物を置いているとか。
そう聞いたとたん、しげしげと眺めちゃったりして。単純?

今度こそ近いうちに映画見るぞ。(たぶん。)

次に向かったのは、「キング牧師国立歴史地区」。
IMG_2557.JPG
歴史地区に近づくにつれ、本当にたくさんの人々が私たちと同じようにその場所に向かっているのが分かり、その雰囲気だけで圧倒される。

キング牧師の生家ツアーはその日の分はすでにいっぱい、残念。
ビジターセンターでは、訪れている人々は一つ一つのパネルをとても熱心に眺め、キング牧師の演説が流れている映像を見て涙を流している方もおり、牧師が彼らにとってどのような存在であるかを改めて知らされる思いだった。
牧師に対する絶対的な尊敬の念が建物いっぱいに満ちており、私たちも言葉すくなになる。

牧師の受賞したノーベル平和賞のメダルも拝見し、次に向かったのは「ワールド・オブ・コカ・コーラ」。

IMG_2558.JPGコカ・コーラの本社はミッドタウンにあるけれど、このパビリオンはコークファンと観光客向けに作られたとか。
入り口では入場制限がされており、人気のほどが伺えた。

パビリオン内にはファン垂涎もののコレクションが、ぎっしり。
時代と共に変化してきたビンのコレクションもあり、お宝鑑定団に出したらいくらになるんだろう、とついよこしまなことを考える。

「世界のコカ・コーラ製品飲み放題」の場所に辿り着いたときは、待ってました!と張り切ったけど、意外と飲めないものだ。数種を試したところでギブアップ。
夫は1番最初にキテレツな味のものを飲んでしまい、撃沈。その後ずっと後をひいていたようだ。

IMG_2587.JPG
たぽたぽになったお腹をさすりながら向かったのは、本日のオオトリイベント、ターナーフィールズでの
「アトランタ・ブレーブスVSサンディエゴ・パドレス」戦。


正直、野球はあまり興味はないのだけど、メジャーリーグは一度は観ておきたいよな、と思ってました。
そんなノリで行った野球でしたが、これが思いのほか楽しかった!

球場では試合開始前から色んなイベントが行われていて、まるでお祭りのような雰囲気。
食べ物、ビール、ファングッズが販売されているお店のほかにバッティングセンターのようなものまであり、こどもが列を作っている。
試合前の高揚感をいっそう盛り上げていました。

IMG_2569.JPG
席は思っていたより前のほうで、美しい芝生も選手の顔もはっきり見え、興奮。
試合開始前には、黒い服を着たこども数人が球場に出てきて、手話も交えながらの「アメリカ国歌斉唱」。
あんなににぎやかだった球場が静まり返り、全員が起立して、多くの人は胸に手を当てて、じっと聞き入っている。
その雰囲気になにかじーんときた。

試合が始まるとまた大騒ぎ。
みな思い思いのことを叫んでいて、とにかく楽しそう。
新鮮だったのは、試合中、とにかく演出が多いこと。観客を飽きさせない。
司会者(?)の男の人とチアガールのようなおねえさんたち数人が会場を周って観客をピックアップしては、試合の合間合間に3択クイズを出す。
正解すると商品がもらえるのだけど、観客の盛り上がり方がすごい。
正解の番号を指で示したり大声で答えを叫んだりしてピックアップされたその人を必死で応援している。
その他、球場で目立っている人たちが大画面に映し出されるのだけど、自分が映った時の反応がみな面白くて笑ってしまう。
踊っている幼い子供が映ったときなどはほほえましくて会場から笑いが起きる。
他に面白かったのは、ひろーい会場をなんと5週もした「ウェーブ」。3階席の人もちゃんとウェーブしている。壮観。
試合が単調になって飽きてくる、なんて有り得ないんだなーと感心した。

IMG_2578.JPG

試合の合間に球場のお客さん全員で立って歌った「Take me out to the ball game」(私を野球に連れてって)。
(イチローの日興コーディアル証券のCMでバックに流れている歌)
敵も味方も関係なく、全員で歌うっていいな。
球場が一体になった気がして、とても楽しかった。

今度来るときまでに歌えるようにしておくぞ!

試合結果は2対0でアトランタ・ブレーブスが勝ち、観客は大興奮でした。
帰り道も興奮冷めやらぬまま叫んでいる人がちらほら。
楽しいメジャーリーグ初体験となりました。

次は日本人選手が来たときに見に行きたいな。
チームに関係なく、応援するぞ。(節操なさすぎか)


位置情報
クールだと思っていたおにいさんは、滞在中、夫が驚くほどによく話し、よく動き、要所要所で写真もたくさん撮って、アトランタ観光を楽しんでくれていたようです。
おにいさんのお陰で、私たち夫婦もようやくダウンタウンの観光が果たせた!
とっても満足です。
知人が泊まりに来るって、楽しい。ぴかぴか(新しい)
これを読んでくれている日本の家族に友人よ、じゃんじゃんうちに泊まりに来るべし!
待ってるよー手(パー)


野球「Take me out to the ball game」野球

Take me out to the ball game
Take me out with the crowd,
Buy me some peanuts and Cracker Jack
I don't care if I ever get back.
Let me root, root root for the home team,
If they don't win it's a shame;
For it's one, two, three strikes you're out
At the old ball game.

【訳】
野球の試合につれて行ってよ。
大勢の人たちの中につれて行ってよ。
ピーナッツとクラッカージャックを買ってよ。
帰れなくたってかまわないわ。
ホームチームを応援させてよ。
もしチームが勝たなかったら、それは恥ずかしいこと。
1ストライク、2ストライク、さあ、3ストライクで三振よ。
古き良きボールパークでね。

2006年04月15日

都会でお呼ばれランチ

昨日はDunwoody教会英会話のあと、M香さんちのランチ会にお呼ばれしました。

M香さんちに行く途中、Sandy SpringsのMARTA(地下鉄)の横を通ったのですが、その建物が大きくて、ひとり感動。
実はこちらへ来て、まだ一度もMARTAに乗ったことがない。
なぜなら私の住んでいるあたりにはMARTAは無いからです。
それほどに郊外に住んでいるのであります。
わー電車だー、としばし目を奪われ、都会の気分に浸りました。
(別に都会じゃないよ、Hanaさんちが田舎なんだよ、とあとでつっこまれた。)
 
M香さんちの周りも、緑がたくさんあって、とっても素敵。
近くの牧場の馬がかわいかったなー。

IMG_2539.JPG【本日のMENU】
タコ飯
ままかり
ポテトきのこ
アボカドサラダ
カプレーゼ
貝柱のお吸い物

全部おいしかったーexclamation×2
特にタコ飯とままかりに癒された。日本の味。

この間のH美さんちのランチといい、こちらにいる方は、
なんでみんなお料理上手なのだろう。
お料理上手な人が、たまたま集まっているのか。
きっとそうだ。そうさせてくれ。



IMG_2551.JPG
デザートはH美さん手作りの、レアチーズケーキWITHマリアージュ・フレールの紅茶でした。
このケーキも絶品。ぴかぴか(新しい)
みなさんお菓子作りもお上手ですよね。ほんと感心。
マリアージュ・フレールの紅茶は、M香さんが先月日本に一時帰国した際、銀座で買って来てくれたものです。
私、初めて飲みました。
なんと香りのすばらしいことか。
ほんとに美味でした。
紅茶の葉って、葉っぱなのに、すごいよな・・・。
(こどもみたいな感想。)
紅茶の葉のポテンシャルに、乾杯。バー



久々にあったB.B.右斜め下は、アロハをいなせに着こなして、なんだか危険な香りのする色男になっていました。
IMG_2543.JPG




ねぇちゃん、
おいらに触るとヤケドするぜ。












IMG_2547.JPG




あの、からだ、柔らかいんですね・・・。
(この姿勢にちょっとびっくりした)












帰りにはM香さんからは手作りのマリアージュアップルティーケーキと備前名物大手饅頭、H美さんからは服と本を頂き、みさみささんからはDVDをお借りしてしまい、恐縮至極です。

おなかもいっぱい、楽しかったな。
今度は是非、我が家へお越しくだされ。
北東の大地でお待ちしております。
(その代わりバスも地下鉄もないとこだど。←根に持っている。)
posted by Hana at 07:00| Comment(4) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

スーパーではかる馴染み度

あさって金曜日から、夫の兄がうちに泊まりに来ます。

義兄は先月から出張でオハイオ州に来ており、週末を利用してアトランタに遊びに来ることになったのだ。
今まで遊びに来る人はいても、お泊りさんは、これが初めて。
使ってないあの部屋、お客様用の快適ルームにしよう。色々揃えなくては。
ご飯は何をつくろうかな。夕ごはんは?朝ごはんは?

とういわけで、今日は週末の準備のため、スーパーを3軒はしごした。
3軒も?と驚かれるかもしれないが、こちらではどうしてもそうなってしまう。

日本の食材を買うならここ、おいしい葉物野菜、果物やチーズならここ、日用雑貨を買うならここ、と、分けて買いに行く必要があるのだ。
これがはっきり言って、面倒くさい。
気分転換にもなるのだが、毎度高速を使いあっちこっちに行くことを考えると、
日本にいたときは最寄りのイトーヨーカドーで全て事足りていたのに・・・、と運転中遠い目になることもしばしば。

こちらのスーパーは広い。
そしてカートは重く、でかい。
ガシャガシャと音を立ててカートを押しながら、広い店内を右往左往するのだが、最初の頃は買い物をするのにやたら時間がかかっていた。
今は物の配置が分かっているので前よりはスマートに(?)動けるようになったけれど。
さー、レジ行くか、と思ったところで買い忘れに気づくとこれまた大変。
再びガシャガシャと音を立てながら遥かかなたまで目的のものを取りに遠征しなければならない。

そうそう、そういえば以前はお酒を買おうとするとレジのところで必ずIDを見せるように言われた。
私が21歳以下に見えるなんて!(実際は30歳)、とちょっとうれしかったが、当時アメリカの免許証をまだ持っていなかったので毎回パスポートを持参しなければならず、すこし煩わしかった。

それが最近ではさっぱりIDの提示を求められなくなった。
私が急に老けたのか?
夫に尋ねたところ、こちらの生活に馴染んできた証拠だよ、との答え。
確かに来た当初はどことなくおどおどとして幼く見えたのかも。

さらに最近では、韓国人に間違われることも増えてきた。
前はすぐに日本人と見破られたのに。
韓国系のスーパーへ行っても韓国語で話しかけられる、なんてことは無かった。

こちらは韓国人の移住者が、とても多い。
アメリカに根を下ろして住んでいる韓国人に間違われると言うことは、
これもこちらの生活に馴染んできた証拠?

私の見た目や雰囲気が、本人の気づかぬうちにすこしずつ変わっているのだろうか。
ちょっと興味深い。
posted by Hana at 06:25| Comment(2) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

脱!買い物のマンネリ化

今日はNorcrossの教会英会話のあと、友人と韓国料理屋でランチし(ビビンバおいし〜)、その後一緒に買い物に行きました。

日頃、買い物には1人で行くことが多く、買うものも、なんとなくマンネリになりがち。
しかしここは「Salada Bowl」の異名を持つアメリカ、スーパーに置いているものもとっても多国籍。
日本では見たことがないものが、たくさんある。
(おいしいのなら)試してみたなーと思いつつ、結局以前買ったことのあるものや自分に馴染みのあるものばかりを手にしてしまい、なかなかチャレンジできない。

でも今日は友人と一緒だ。
これ前に試したけど良かったよーとか、うちはいつもこれよー、などと、へー連発の、思わぬ情報が入手でき、新鮮だった。

そういえば、今日の教会英会話の話題は、アメリカのおいしい調味料などについてだった。
このメーカーのがいいのよ、って先生が教えてくれたのがあったなぁ。
日本にあるのと同じのばかり買ってないで、せっかくアメリカにいるのだから是非試してみよう。

これからは買い物にマンネリ化したら友人と来るのもいいかも。
アメリカ人にとっての「いつものアレ」を買うのもいいかも。

そう考えた昼下がりでありました。
posted by Hana at 07:48| Comment(2) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

春の苺祭り 第2弾

今日は「いちごミルクゼリー」を作りました。

IMG_2525.JPG

これもテレビジャパンの「今日の料理」でレシピを入手したのだ。
えらく簡単だった割に、とっても美味でした。黒ハート
将来こどもにこれをこさえて、
おかあさん、すごーい!
とか言ってもらおう。いひひ。

ミルクゼリーの上の生クリームですが、缶の生クリームに興味があったので(アメリカっぽい!スタバっぽい!)、「Whipped light Cream」というのを購入してみました。

IMG_2531.JPGこれがミルクゼリーの上に載せたそばから溶けていくのにはあせった。
lightだからなのか?
もっとこう、カチッと固まってて欲しかったのに。
写真、急いで撮りました。(でも若干溶けかかっている・・・。)

このパッケージ用の写真を撮ったカメラマンも、
きっとあせって撮ったに違いない。
分かるよ、その気持ち。

そしてグッジョブだ。手(パー)
posted by Hana at 08:45| Comment(5) | 手作りBreads & Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

Stone Mountainに行って来たよ

今日はStone Mountain(ストーンマウンテン)に行ってきました。

アトランタの観光名所のひとつであるストーンマウンテン、渡米4ヶ月も経っているのにまだ行ってなかったんかい、と思われそうだけど、今まで行きたいと夫に訴える度に、暖かくなったらね、と諭されてきたのだ。
確かに寒い時期に山へ行っても辛いだけかも・・・、と寒がりな私は納得し、虎視眈々とマウンテン行きのチャンスを狙っていた。

最近暖かくなってきたし、もういいんでないかい?そろそろなんでないかい?
先日の公園デビューの際、暖かい日差しと緑の中、いかにリラックスできたかを夫に(大げさに)アピールし、見事今日、マウンテンデビューにこぎつけた。

IMG_2480.JPG             
   
        
     ちなみに今日の空→。ストーンマウンテン日和だ晴れ
 



位置情報ここでちょっぴりウンチクをば。

地球の歩き方によりますと、ストーンマウンテンは、

「世界最大の花崗岩でアトランタ有数の観光名所。山の面積は236ヘクタール、高さ252m。約3億年前にマグマの活動からできた火成岩が、のちに地上に噴き出し冷却されて花崗岩となったもの。斜面には3人の南部同盟の英雄の像がレリーフになっている。レリーフの大きさは横58m、縦27mにも達し、世界最大の彫刻と言われている」
とのこと。

その周りはパークになっていて、テニス、ゴルフ、サイクリング、釣り、ハイキングなどが楽しめるようだ。
おお、楽しそうではないか。
パークは320エーカー!
ってどれくらいの広さかよく分からないけれど、広大に違いない。おお、これぞアメリカだ。

張り切って私がハンドルを握り、一路ストーンマウンテンへ。
我が家からは50分ほどで着きました。
入り口付近は車でぎっしり。春休み最後の日曜だもんね。快晴だしね。
駐車場までの渋滞にすらウキウキさせられるわ〜。


キタ―――(゚∀゚)―――!!
IMG_2503.JPG

これがストーンマウンテンかー、でっかいなぁ!カメラ見切れてるよ!って私の腕が悪いのか!
念願のレリーフを拝み、しばし感無量。
この目の前の芝生、気持ちよかったなぁ。

ゴンドラに乗って、ストーンマウンテンの頂上へ。
1回のゴンドラに、結構詰め込まれる・・・。
ゴンドラが揺れるたびに「うわーお!!」と大歓声が挙がる。みんな陽気やわぁ。

ゴンドラから降りて目に飛び込んできたのは、360度パノラマの景色。
すごい!風の谷のナウシカみたい!

頂上からの景色だす。

IMG_2479.JPG
う、美しい・・・。

IMG_2476.JPG
遠くに見えるはアトランタの街。なんか神秘的。

IMG_2480.JPG
アトランタって、少し走ればこんなに緑(というか森)だらけだったのね・・・。
ちょっとびっくり。

足元の岩と目の前のパノラマを見ていてふと夫に、
「なんかセカチューみたいだね」と言ったら、
「えーわかんない」との返事。
そうだよね、あんまり興味ないもんね、と思っていたら、夫がさらに一言。
「ポケモンとか、興味ないもん。」

Σ( ̄□ ̄;exclamation×2

・・・・・それってピカチューだよ。
この景色見てピカチューの話なんかしないよ。
ああ、びっくりするなー。

しばらく景色を堪能し、下山。
その後店をのぞいたりしながらぶらぶらとパークを散策し、帰路に着きました。

そうそう、イースターが近いことがあって、エッグハントをしているこどもがたくさんいたのが印象的でした。
かご下げて、可愛かったな。
IMG_2512.JPG

今度はおむすびこさえて持ってきて、芝生で食べるなんてのもいいかも。
せっかく日本から連れてきたマウンテンバイクもここでなら乗れるね。
釣りもしてみたい。

また行くどー足

2006年04月08日

公園デビュー

今日はrikuさんとそのお子さんひろくん(1才)と、公園へ行きました。

実は、こちらへ来て公園へ行ったのはこれが初めて。

アメリカに来れば身近に、ひろーい公園がたくさーんあると思ったのに、意外と、というより全然なくて、ちょっと驚いた。
立派なNational Parkはたくさんあるけれど、もっとこう、ぷらっと行ける、遊具や砂場やベンチのあるような公園。
犬の散歩中の人が、ちらほらといるような。
昼下がりママたちが集うような。
そういうのがなかなか無い。

最近とみに暖かくなって気持ちがいい。新緑もとてもきれい。
こんな時は、あー、公園へ行きたいなぁ。
公園で風や日差しを感じながらまったりしたい。
公園熱が再燃してきた〜。どんっ(衝撃)

日本にいるときは、甥や姪に公園行こうと誘われるたびに「えー焼けちゃう〜」なんて言ってたくせに、人っていい加減なものだ。(私だけか)

実は以前から、買い物の行き帰りに公園らしきものがチラリと見えるスポットがあり、気になっていたのだ。我が家からは高速を使い、約20分の距離。そうだ、今日、あそこへ行ってみよう。

というわけで、友人親子にお付き合い頂き、現場へ行ってみました。

IMG_2446.JPGおお、ここやっぱり公園だ。遊具もあるよ。

IMG_2451.JPG遊歩道もあるし、池もある。あひるやカモ、亀もいて、のどかで良い感じ。
春休みだからか、わらべがたくさん。
(念願の)散歩中の犬とも対面。犬



遊具で遊び、池のほとりのベンチでお茶をし、とってもリラックスできました。


そういえば、ひろくんがブランコに乗っている時、その隣りでママにブランコを揺らしてもらっている子が、どうにも気分悪そうだったのが気になった・・・。
お母さん、その子、酔ってるんじゃ?目がうつろですよ。

ひろくんはとフト見ると、揺られながらうとうとしていた。
おじいさん?


IMG_2455.JPG 
                 
                 
                       

カモと交信する男(おじいさん?)。




やっぱりお外はいいねぇ。
CAPの似合う男ひろくんよ、君のおかげで良い公園デビューができたよ(私が)。
しかし公園へ行くのにも高速を使うなんて、アメリカってでっかいね・・・。
またどこか良い公園探しておくから一緒に行こうね。
「公園ジプシー」の誕生だー。
 ↑
公園を転々とする人をこう呼ぶらしい。
posted by Hana at 08:23| Comment(4) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

「春」の夜長に

最近、夕方になると庭で鈴虫が鳴き出します。

春に鈴虫????
と、最初はぎょっとした。

正直言うと、無知な私はこちらで鈴虫の声を聞けることにも最初は驚いた。
源氏物語などでも歌われていることから、勝手に日本特有のものだと思っていた・・・。

調べてみると、英語で鈴虫は「bell-ringing cricket」と言うそうな。
分かりやすい。
英米人は鳴き声を楽しむことはないそうだ。
しかも、英米人の耳には、あの鳴き声が陽気に響くと言う。

日本人の私は鈴虫の声を聞くと、「あぁ、夏も終わったなぁ・・・。」と感傷に浸るようにインプットされている。
毎回ちょっとしんみりしてしまい、その直後、まだ4月も始まったばかりだということに気づいて、なんとも言えない不思議な気分になる。

ジョージアでは鈴虫は春に鳴くのだろうか。
それとも、春と秋、2回鳴くとか?
秋にそれを是非検証したい。

今夜も夜中鳴き続ける鈴虫の声に、自動的に郷愁を感じてしまう私でした。
posted by Hana at 10:02| Comment(8) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

「道の名は」

今日はAlpharettaの友人宅へ行ってきました。

Alpharettaへ行ったのは今回が初めて。道や建物の名前も未知の世界。
こんな時私はいつも、「MAPQUEST」で道を検索して行きます。
出発地と目的地の住所を入れるだけで、高速を利用した最短の行き方を出してくれるのです。(たまに最短じゃないけど)

このサイトのお陰で、住所さえ分かれば検索して行きたいところへ行けるので、こちらの道に不案内な私にとっては非常に有難い。
アトランタ散策の、強い見方です。

MAPQUESTの地図を片手に道を走っていて感じることは、こちらでは、どんなマイナー(と思われる)道にでも、ちゃんと名前があるということ。
これってすごく便利。
走っている道が本当に正しいかも、信号ごとにある道の名前の標識で確認できる。
道を教えたり教えてもらうときにも、間違いが少ない。
こちらに長くいる方は、日本で道を聞くとき、ついクセで道の名前を聞いてしまうとか。
私もそうなるのかしらん。

道の名に関連して特筆すべきは、「Peachtree」と付く道の多さでしょう。
「地球の歩き方」によると、なんと100以上もあるとか。
よくそんなに思いついたな・・・。
混乱しないのかなー。

他にJimmy Carterなど、昔の大統領の名が道についているあたり、「アメリカ」を感じる瞬間です。ファーストフード

Peachtreeの名は毎日目にするけれど、実はまだ、ジョージア州産の桃を食べたことがない。
買い物に行っても売られているのはチリ産ばかり。
きっと初夏になったら出回り始めるのでしょう。
ジョージア州のシンボルを、実際に食べない手はない。

日本では涼しいところで栽培されるイメージのある桃。
暑い南部のジョージアで育った桃は、はたしてどんな味がするのだろうか。
楽しみです。ー(長音記号2)

2006年04月05日

春の苺祭り

日本人の住みやすい街、と渡米前に聞かされたアトランタ。
こちらに来てみて、その言葉を実感した。
日本食材も大体のものは手に入るし、お寿司だってお蕎麦だって食べられる。
恵まれているなぁ、と環境に感謝したものだ。

しかし、ここへ来て、手に入らないものに気づいてしまった。

それは、いちご大福。

私はいちご大福が大好き。特に春になるとおいしい苺が出回り、苺をよく見かけるようになる上、お花見シーズンの雰囲気が団子のようなもち的なものを欲しさせ、結果、いちご大福欲が高まる。
暖かくなった空気を感じながら食すいちご大福の、なんと美味なことか。

それが、どこを探しても、ない。
大福はあるのにいちご大福はない。

失意にくれていたある日、テレビジャパンの「きょうの料理」を見ていたら、「いちごあん巻き」なるものをやっているのを発見。想像するに、限りなくいちご大福に近い。
そうか、ないなら作ればいいんだ。

というわけで、作ってみました。
                          IMG_2436.JPG

位置情報感想
味はまさにいちご大福。春の味。かわいい
幸せな午後のひとときとなりました。


ところで、
今回使用した白玉粉。          

                      IMG_2439.JPG
「オバケのQ太郎」に出てくる、アメリカ人のオバケを彷彿とさせるパッケージ・・・。
「もちこ」の文字が心をつかむ。

日本では見られないおもしろ表記やパッケージに出会うのも、アトランタ生活での楽しみであります。
posted by Hana at 05:58| Comment(0) | 手作りBreads & Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

Summer Time

昨日4月2日からSummer Timeが始まりました。晴れ

朝、張り切って時計をせっせとまいて歩く。時計
でもなんか1時間、寝坊気分・・・。
ゆうべは8時半くらいまで明るくて、なんとも変な感じ。
Summer Time初心者の私としては外の雰囲気と実際の時間がつかめまなくて、しばらくは何度も時計を見てしまうかも。

実は私、Summer Timeの開始日を一日間違えてしまった。
土曜日朝9時にM夫妻が来ることになっていたのだけど、金曜日の夜中3時に突然がばっと起き、夫に、
「大変だよ、Summer Timeだよ、Mさん8時に来るよ!」
と叫んだ。
夜中に突然起こされた夫はねぼけながらも声を振り絞り、Summer Timeは明日からだと私に説明し、
「せっかち・・・。」と言い残して眠りに戻っていこうとした。
しかし私は↑これが聞き取れず、え?え?え?と聞き直して、3回ぐらい言わせてしまった。
自分でも相当鬱陶しいと思う。
夫殿、ごめんなさい。

夜の時間が有効活用されるSummer Timeだけど、夫は朝6時に出勤し、帰りは夜中近いので恩恵が受けにくい。
私にとっても、最近ようやく夫を送り出す頃空が明るくなったな、と思っていたのに、また真っ暗闇の中送り出すことになるのがちょっと悲しい。

恩恵を受けるために、土日はあえて、夜は外出していることにするかね。足
posted by Hana at 23:10| Comment(2) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行列のできる店「PATAK-BOHEMIA」

昨日はお肉の買出しに「PATAK-BOHEMIA」へ行ってきました。

この店はドイツ人経営のお肉屋さんで、
「アトランタの空から」のkitaponniceさんの記事を読んで初めて訪れて以来、我が家では、もはや、なくてはならない必須アイテム。ひらめき
kitaponniceさんが肉の種類や値段、味、写真などを記事中で詳しく紹介してくださっているので、興味のある方は是非ご覧ください。

お客さんはヨーロッパ系の方が多く、店内のあちこちからドイツ語、フランス語などが聞こえてきます。
日本人の姿も常にちらほらあり、口コミのすごさと日本人の食へのこだわりを垣間見る思い。

なんでもとってもおいしくかつとっても安いのだけど、特筆すべきはソーセージ!
本場の味にうなります。
いろんな種類があるけれど、とにかくなんでもおいしい。毎回色々試して楽しんでいます。
行く度に「必ず」買うのはベーコン。初めて食べたときの衝撃は今も忘れられない。もう他のベーコンじゃ駄目な体になってしまった。

最初の頃は他のお客さんがダンボールいっぱいに「アメリカ買い」するのを見てはたじろいていたけれど、今では私たちも袋2ついっぱいにまとめ買いするのが板についてきました。

雑誌「US JAPAN」にもよく広告が載っているけれど、kitaponniceさんの記事を読まなければ、実際に片道1時間もかかる距離を行こうとは思わなかったと思う。
kitaponniceさんに感謝。いつも素敵な情報をありがとうハートたち(複数ハート)

位置情報
ひとつ苦言を呈するとしたら、このお店が雑誌に出している地図が分かりにくい。
目印となるガソリンスタンドの名前は間違っているし(Marathon Gas Station→Texiaco)、縮尺がめちゃくちゃ。
初めて行った時、East-West Connectorを走る距離が長すぎて不安になりました。

そのEast-West Connectorは自然が豊かなのだけど、1ヶ月に1度ぐらいの割合で行っているために季節の移り変わりがよく分かるのも一興。
前々回は丸裸だった木々が、前回には花のつぼみが膨らみ始めており、今回は若葉がまぶしくきれいでした。

アトランタでの食生活に潤いを与えてくれるPATAK-BOHEMIAに感謝。黒ハート
ダンケシェン。           
                         「追記」
posted by Hana at 09:48| Comment(4) | 美味しいお店&美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

庭の訪問者

うちの庭にはよくリスが遊びに来ます。
先日はつがいのリスがじゃれあいながら通って行くのを見たけれど、実にほほえましい。
庭の周りの木には、鳥がたくさんいる様子。
なかなか姿は見えないけれど、1日中、色々な種類の美しい声が聞こえ、時にうっとりと聞き惚れてしまう。

リスさん、鳥さん、いつも楽しませてくれてどうもありがとう。
感謝をこめて朝ごはんを用意してみました。レストラン
IMG_2417.JPG
鳥かごの横には鳥のえさだけではなく、水まで用意する気合の入れよう。

・・・・・・なかなか食べに来ない。
インコ用のえさなど、野生の鳥は食べないのだろうか。
リスは、松ぼっくりや胡桃など、ありふれていて食傷気味なのだろうか。

夫に相談したところ、人間が触って人間くさいからだ、との答え。
なるほど。さもありなん。
今度からは手袋をして用意することにする。

ところで昨日、ぼんやり庭を見てたら、がさがさっと物音が!
なにかと思ったその瞬間、現れたのは、なんと鹿。
出るよ出るよ、とは聞いていたけれど、実際に見たのはこれが初めて。
しかも、2匹。
ぱけらーんぱけらーんとジャンプしながら遠ざかっていきました。
ああああああー手(パー)と言っている間に通り過ぎてしまい、写真が撮れなかったのが残念。

アトランタって、野生の動物がたくさんいるんですねぇ。
日本では考えられなかった庭への訪問者に、興味津々であります。
そういえば、教会の先生が、庭でにんじんを育てるとウサギに食べられちゃうよ、と言っていた。
うちの庭に、うさぎがにんじんを食べに来る・・・。
実際に困っている人の苦労も省みず、その様子を想像しただけで胸がときめく私は、まだアトランタ初心者ですね。

訪問者の変わり種としては、犬というのもありました。犬
窓から顔を出し、小首をかしげてきょとんとしてこちらを見ていたのだけど、きょとんはこっちだよ。
びっくりするわ。
無事家に帰れたんかいな。

今日は何が来るのかな。
毎日目が離せません。(隠居生活か)



posted by Hana at 05:54| Comment(8) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。