2006年09月15日

三時のあなた

ゆうべの真夜中、突然夫が叫んだ。

「痛い、痛い、痛い!!!」

な、なにごと!?どんっ(衝撃)(゚Д゚;≡゚Д゚;)どんっ(衝撃)
慌てて飛び起きスタンドを点ける。時刻は3時。時計
どうしたのさ!?、と聞く私に夫は、

「布団の中に、なんかいる。」

ふたりでそーっと布団をめくってみるとそこには・・・・。

なんとサソリが!!


ぎゃーーーーーーーーーーーexclamation×2 (;゚皿゚)あせあせ(飛び散る汗)


しばしパニック。
さそりは直径5センチほどのちいさなものだったけど、
実物を見るのはふたりとも生まれて。
ハサミや、おしりの先っちょのクネっとしてるところ、一人前にかなーりの迫力。
ぎゃーぎゃー騒ぎながらもいつか紹介したハエラケットで布団の外へたたき出し、ハエ用殺虫剤を吹きかけたところ、あっさりお陀仏となりました。
南無ー。

夫は指を2箇所刺された様子。
かなりの痛みだったとのこと。

「ねぇ、サソリって毒があるんじゃないの?」
との夫の一言に、その場が凍りつく。

しかし時刻は真夜中の3時。聞く相手がいないよ、とあせる私を横目に
夫は会社に夜勤で来ているはずのアメリカ人に電話。
その間私はネットでサソリに刺された時の応急処置を検索。

アメリカ人の同僚はなかなか電話に出ない。
ネットもまったくヒットしない。
どうしようどうしよう。
このまま夫は毒が回って死んでしまうのか? (ノД`)あせあせ(飛び散る汗)


その時携帯が!

アメリカ人の同僚が折り返してきてくれた。
あせって状況を説明する夫。
同僚は親切に教えてくれました。

刺されたのが小さな茶褐色のサソリなら毒性はない。
消毒をしてそのまま寝てしまってOK。


同僚と話しながら、つられたように笑い出す夫。
どうやら電話のやり取りを後ろで聞いていた他のアメリカ人の同僚が、爆笑しているらしい。
scorpionに刺されたぐらいで大騒ぎして深夜に電話してきた日本人が、きっと愉快だったのでしょう。
だってさ、日本では滅多に出ないのよぅ。

あーやれやれ。
それにしてもほんとたまげたよ。

その後布団に戻った夫。
「サソリに刺されたと分かった時は、このまま毒が回って死ぬのかと思ったよ。
三途の川が見えた。」
そ、そうか、それはえらいことだった。
「でもおじいちゃんがさ、ここはまだお前が来るとこじゃないって言ってくれたよ。」
そんなことがありましたのか、
おじいちゃん、追い返してくれてありがとう。手(パー)

夫はすっかり落ち着きを取り戻し、いつもの空想好きぶりを発揮していました。

そしてさらに一言。
「ブログのネタ、できたね。」
お、ほんとだね、とうなずく私。
どんな事件が起こっても心のどこかで「ネタ的においしい」と思っている私たち、
芸人の鑑だわ。
(って芸人じゃないし)


位置情報本日出勤した夫が会社で聞いていたお話によりますと、ゆうべ出たサソリは「Wood Scorpion」といい、家を建てる時に使う建材に卵を産んでいることが多いそうな。
友人も同じように教えてくれました。

ん?ん?
ってことは、もしほんとに建材に卵産んでるんだったら、これからまだまだ出てくるんじゃ・・・。
もームリ。泡ふきそう。ぶくぶく。

それにしてもこちらは本当によく虫が出ますよね。
今日訪れた友人宅でも虫の話題で盛り上がりました。
各家庭、アリンコ、ゴキブリ、名も分からぬ妙な虫と、出てくる虫は違えども、抱える悩みは同じ。
アメリカ生活には少しずつ慣れつつあっても、これだけは慣れられないわ〜、
と言いつつコオロギと部屋の中で共存する今日この頃。
(しかも部屋の中で鳴いている。風流?)


かわいいちなみに今回の記事タイトルは夫が考えました。
この場合の「あなた」とは、妻が夫に呼びかける場合の「あなた」ですね。
「三時」と「惨事」をかけていたりもします。

え?
「三時のあなた」って番組を、知らない??
そんなあなたとはジェネレーションギャップを感じます・・・。
posted by Hana at 22:45| Comment(28) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

土曜日の過ごし方

夫はほぼ毎週土曜日、休日出勤をしています。
今朝も7時過ぎに家を出て行きました。おつかれちゃん。でもつまらんのぅ。
休日出勤の日はお弁当を免除してくれるのがせめてもの救い。
土曜日は友人らも家族との時間を過ごしてているし、休日出勤の日の夫の帰宅は20時前とかなり早く、かつ変動的なので家で待機していなくてはならない。
なのでひたすらネットをしたり、庭を眺めてぼんやりしたりしています。

今日は「mixi」の、「2007年2月出産予定」というコミュニティに登録しました。
友人が、「なにか疑問や不安なことがあったらコミュニティにコメントするといいよ、返事がどわーっと返ってくるよ、ネットで検索するよりずっと早いよ。」
と勧めてくれたのですが、確かに!
ほぼ同時期に出産予定の方たちの集まりとあって(メンバー約170人)、過去のやり取りを見ても、今不安に思っていること、今知りたいことが、私の思っているものとまさにどんぴしゃ。
日本から持ってきた本に書いてないようなことも話題になっていて、興味津々で読みました。
こういうコミュニティは便利ですねぇ。他に趣味系のコミュニティもたくさんあるし。
2007年2月以降はコミュニティ名も「2007年2月生まれ」に変更して続けるそうで、この先ずっとお世話になりそうです。

位置情報庭の友をご紹介。
IMG_3164.JPG



あんたその格好・・・。
なんだか人のようだ。
お尻から足のラインにうける。





IMG_3165.JPG




!そのまま進むんですか!
ほふく前進ですか!

横着だな・・・。






IMG_3093.JPG



よくえさかごを覗きに来る。



私:「それ鳥のえさだよ」



IMG_3374.JPG





「え!そうなん!?」





IMG_3375.JPG




「恥ずかすぅ〜」






と、こんな感じで土曜日は遊んでいます。
あれ?暗い?
posted by Hana at 15:07| Comment(8) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

クーラーと30DAY

演劇いきなり朗報演劇
韓国系スーパー「ASSI」で、ハウス食品のお豆腐が売り出されました。
今まで韓国系のお豆腐しか置いてなかったのに、です。
しかも、「日本の1丁サイズ」のものです。
今までこのサイズのハウス食品豆腐は「とまと」でしか見たことなかったのに。
最近の「ASSI」は頑張っている。
ビバ、進化するスーパー、「ASSI」。野菜部門もがんばれ。
あ、もうお豆腐の話題、いいですね・・・。

すっかりクーラー無しでは生きていけない季節になりました。
アメリカのクーラーってスイッチひとつで家全体を冷やして、無駄が多い快適ですね。
クーラーが無かったら今ごろ家の中で虫が湧いてるのじゃないかしらん。ああ、ありがたや。

でもこのクーラー、面倒なのが「フィルター換え」。
いやーん面倒くさい。
しかし夫に言われた、
「1ヶ月に1回フィルター交換しないと機械が凍るらしいよ」
という言葉が呪縛のように頭を回っている。
確かに交換用のフィルターにはご丁寧にも「30DAY」の文字が。
きっと30DAYS以上使ったら悪いことが起きるに違いない。
そんなことになってもわしゃ知らんで、とフィルター会社が逃げ切るためにわざわざ書いてあるのに違いない。
クーラーが凍ったり壊れたりしても、修理の人はきっとすぐには来てくれないだろう。
凍らないにしても、フィルターにホコリが溜まればクーラーの効きも悪くなる。
そんなの困る。くどいようだけどまだ6月なんだし。
そうして重い腰を起こしてフィルター換えをするのです。あーよっこいせ。

みなさんのお宅ではクーラーの機械はどこにありますか?
友人宅ではガレージ付近でした。
我が家はというと・・・屋根裏。

初めて夫から、フィルター交換のときは屋根裏に登るのだよ、と教えられた時は、
え?どこから入るのさ?とびっくりした。
そしたらあっさり指摘された、屋根裏への入り口。

IMG_3111.JPG





あ、ほんとだ、あれだったのか・・・。
なんかヒモが出てるとは思ってたんだよねー。
(ウソ。ほんとは気にしてなかった。)









IMG_3112.JPG



このヒモを引くと・・・








IMG_3113.JPG




おお!か、階段が!?

「忍のモノ」気分。
ニンニン。





IMG_3114.JPG





のびるー












IMG_3115.JPG




なんか・・・
不気味なんですけど・・・。

誰かいますかー










IMG_3117.JPG



どーん。
これがターゲットの機械。

ぎょ、業務用・・・?






ここがまた、熱いんですよねぇ、機械が熱持ってしまって。
すみやかな交換に心がけねば、死んでしまうわ。

快適生活のためには多少の労を惜しんではいけませんね。
(ほんとに多少の労だし)
夏の間の月に1度のフィルター換え、がんばります。
ニンニン。
posted by Hana at 17:42| Comment(8) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

庭の無法者

あ、暑い・・・。たらーっ(汗)
最近、とみに暑さが増してきた気がします。雨も降らないし。

今朝のラジオで、「今日は気温が100度近くまで上がるよ〜」と言うのを聞いて、しぇ〜と驚いてしまった。
「華氏」で温度を言われても「摂氏」に慣れすぎている私にはいまだにピンとこないけど、
100度って迫力だ。いかにも暑そうだ。
ちなみに華氏100度は摂氏37度。(参考:単位換算
結局華氏97度までしか上がらなかったけど、それって摂氏で言うと、36度。

・・・やっぱり暑い・・・。

まだ6月なんですけど。
8月にはどうなっちゃうんだろう。
アトランタの太陽は、なんだか「近い」気がして、痛いぐらいです。晴れ


暑さにもめげずに咲いてくれた庭のひまわり達をご紹介。
(暑いから咲くのか)
色んな種類のひまわりの種が入っているのを買ったのだけど、ひまわりも色々あるんだなぁ。

IMG_2992.JPGIMG_2885.JPG

IMG_2846.JPGIMG_2995.JPG

IMG_2951.JPG








これもひまわり。
ひまわりの強いイメージを覆す、可憐な感じ。





IMG_3020.JPG




ついに色づいたブラックベリー!
もう食べられるかしらん。









IMG_2997.JPG




あら、どこの子かしら。

ちょっとあんた!








IMG_2999.JPG




「なにか?」



・・・イエ・・・。






ネコって凛としてるよなぁ。


この写真を撮った次の日庭に出たら、ブラックベリーの実の、おいしそうに色づいていたものだけが、無くなっているではないか〜!!
さらに、ひまわりも数本、折れている。
がちょーん。

犯人はリスかウサギか。
窓から外を眺め張りこみをしていると、衝撃の事実を目にしました。
スズメが4、5羽やってきて、折れそうなひまわりの上に止まっている!
ブラックベリーの(生き残った)実っていない実を、つついている!!
あんた達だったのね〜

結局スズメはブラックベリーがまだ食べごろでないことを確認し、去っていきました。
即行でブラックベリーは家の中に避難。

ひまわりは折れちゃって残念だったけど、十分花を見させてもらったし、楽しませてもらったよ。
ありがとうよ、静かに土にお還り。手(パー)

その後もスズメが来てブラックベリーの木を探している様子でした。
自然社会は厳しいのだ、ひひひ。
(私が意地悪なだけですが。)
posted by Hana at 17:33| Comment(8) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

ハエとの飽くなき戦い

最近の私を悩まし続けているもの、それは虫。
夏になったらたくさん出るよ〜と聞かされいて覚悟はしていたけど、やっぱり嫌だ・・・。
足がいっぱいあるのとか、おしりが二股にわかれているのだとか、とにかくちいさーい虫にしょっちゅう家の中で遭遇する。
薬をまいてだいぶ減ったものの、いまだに家の中の思いがけない場所で息絶えている虫に遭遇すると、またかいな・・・とへこみます。バッド(下向き矢印)
(アメリカの家って隙間多すぎだよね・・・・。)

そして虫よりももっともっと私を悩ませているもの、それはハエ
私は日に何度か庭に出るのだけど、庭と家の間の戸を開けた瞬間、ハエが入ってくるのです・・・。
とにかく「すみやかに」開閉しなくてはならないのであります。

さっきも、庭にキツツキが来ていてので写真を撮ろうと戸を開けたその瞬間、ハエがささーっと入って来た。
しかも2匹。
あー・・・。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
キツツキも逃げちゃったし。
ハエ、家に招いただけになってもうた。

ハエが家に入ったとき、みなさんはどうしてるのだろう。
最初の頃はオーソドックスに殺虫剤を持って追っかけまわしていたけれど、
アメリカの殺虫剤って匂いがすっごい強烈、ハエと共に自分までもがしばらく動きが鈍くなる気がする。
ハエが息絶える頃家の中は、自分が命の危険を感じるくらい、臭い。

夫は私がアトランタに来る前の3ヶ月間1人暮らしをしていた時から、コレを愛用している。

IMG_2855.JPG

なぬ?ラケット?
ノンノン。
これはアメリカ版ハエタタキなのです。しかもハイテク。
持ち手のところに2箇所あるボタンを一度に押すと電流が流れる仕組みになっていて、これでハエなどを叩けば感電死するとのこと。
そんな道具に頼るなんて、と思ってたけど、殺虫剤の匂い漂う家にうんざりしていたので、さっそく私も使ってみました。


・・・・・。
あ、当たらない・・・。
すばしっこいハエに私のとろい素振りではヒットしないよ・・・。
なんかすごい疲れるし、なんか無意味に腹が立つ。
とほー。

苦戦の末、ついに秘儀を編み出しました。
殺虫剤とハエラケット(勝手に命名)の二刀流です。
殺虫剤を少量吹き掛け、相手の動きが遅くなったところでラケットで叩く。これだ。

さっそく試してみたところ、殺虫剤の一撃を浴びたハエは、落下はしないものの、少々元気が無くなり低空飛行になる。
これなら打てる!
とりゃあ!とスマッシュしたところ、

バチッどんっ(衝撃)

という音と共に火花が飛び散り、やった本人がびっくりした。
しかし!それでもまだハエは飛んでいる、お、恐るべし・・・。

なんと3度目のスマッシュでようやく息絶えたけど、ハエの生命力って、すごい。
それから、このハエラケット、なんちゅう残酷な道具なんや・・・。
1撃で安楽死するのかと思ったのに。

同胞が感電死させられる様を窓の外から見ているハエが、恐れをなして入ってこなくなればいいのになー。

ハエよ、友の死を無駄にしちゃいかんよ。手(パー)
posted by Hana at 17:33| Comment(6) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

サー!

今日は午後から、先週購入した卓球台を夫と組み立てた。

説明書を解読し、せっせと作業する夫の横で、犬が欲しい、買うなら柴犬だ、などと無駄口をたたきながらもぞもぞと作業のようなものをする私。
パイプの長さが微妙に違うからよく確認するんだよ、と夫に注意されたにも関わらず案の定間違え、やり直したりしていた。
役に立っていたのかは怪しい。
しかし夫は一人で作業するよりは楽しかったに違いない。(たぶん)

それにしても、卓球台の組立って面倒。
買ったお店から運んだり組立てたりの作業が面倒だから、「一度組み立ててしまえば買った値段よりも高い値段で近所の人に売れる」という友達の話は本当かも知れない。
帰国の際はガレッジセールで出してみよう。

ついに完成。ぴかぴか(新しい)
夫婦の共同作業ざます。
IMG_2743.JPG
ちなみに左隅に見えているのは夫の足。足

その後1時間ほど夫と戦う。
失敗してけなされると相当悔しい。
お互い結構ムキになってしまった。

やー、卓球いい汗かけるわ〜
これから平日はこっそり壁打ちでもして練習するかな。
少なくとも、素振り1000回は日課にしないとね。
(うそ。そんな根気なし。)

ちなみに本日の記事タイトルは、サーブする時に発する掛け声です。
気分だけ「愛ちゃん」。
posted by Hana at 06:15| Comment(4) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

ひきこもりとブラックベリー

昨日と今日は、家にこもっている。
郵便物を取るとき以外は、一度も外に出ない。
完全に引きこもりである。
私には週に何日か、そんな日があります。

もともと、ずっと家にいることが苦痛でない上、アメリカでは外出するときには必ず車に、さらには高速に乗らなくてはいけないことが時折とても苦痛に思え、今日は家にいよう、と思う日がある。

夫は帰宅すると必ず、
今日は何したの?どこか行ったの?
とアメリカの男性ばりに、妻の1日が楽しかったかどうかを気にかけて聞いてくれる。
しかし私が、今日はずっと家にいたよ、と言うと、ちょっと悲しそうな顔をする。
私は家に1日いてくつろげたのだからそれはそれで良い1日だったのだが、夫には寂しく響くのだろう。
そうなると、私も少なからず罪悪感を感じる。
天気も良いのに家にずっといるなんて、私って暗いのかしらん。
もっと外に出てエンジョイしなくては。
そんな強迫観念に似たものに苛まれる。
しかし最近もらった古い友人からのメールに救われた。
**********
「今の時代、外に出ずとも、楽しみがたくさんあるもんね
 旅行の情報とかをネットで調べるとか読書とか、
 やりたいこといっぱいあるけど、
 考えてみれば、室内でやることがけっこう多い
 だから「ひきこもってる」わけでも何でもなくて
 単に、自宅でくつろいだり、自分の時間を楽しんでるんだよ
 何もしなくて、リラックスするってのも、ぜいたくな話だしね」
**********
思えば、快適な家で1日こもっていられるなんて、ありがたい話よの。
旦那様に感謝せねば。
きっと自分は、外に出る日、人に会う日、ひとりで家にいる日、そういった日を作ることでバランスを取っていて、どの時間もそれぞれに楽しんでいる。
だから良いのだ。今日はじとーっとおうちにいても、良いのです。
などど言い訳めいたことを言いながら、今日は家の中を穴の中のクマのように徘徊しています・・・。

さて、そんな私の家での楽しみは、庭で育てているブラックベリーの成長を眺めること。
果物はあまり食べない私が、こちらに来てブラックベリーにはまった。
ブラックベリーってこんなにおいしいんだ!
一時、やたらと食べていた気がする。
買い物に行ってブラックベリーの苗を見つけたときも、購入を即決した。
季節は冬で(確か2月)、それは苗と言うよりも、茶色い木の棒だった。
もしかしたら枯れてたりして・・・。
不安が胸を去来する。
生きてるのか死んでるのか分からない茶色い棒を眺め、毎日おずおずと水をやっていたが、3月になり暖かくなった頃、木の棒から若葉が芽吹いてきた。
あんた、生きてたんだね〜!
ほっとして、水をやるのが楽しくなった。
その後着実に葉は増え茂り、先日、ついに花が咲いた。
IMG_2684.JPG
ブラックベリーの花って、白いんですね。これまた発見。

実はいつなるのかな。
ちゃんと甘くておいしいのがつくかしらん。
リスやウサギに取られないようにしなくては。
もしかしたらやつらも夜な夜な下見に来ているかもしれぬ。
初ベリーは私んだよ!

ブラックベリーの木を日に何度も眺めるひきこもりの日が、これからもまだまだありそうです・・・。

posted by Hana at 12:36| Comment(8) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

卓球台がやって来た。

夫はここ最近、「卓球台が欲しい」とずっと訴えていた。
卓球台を買って広いマスターベッドルームに置こう、というのである。
そんなの買ってどうするのーという私に対し彼は、
「お風呂上りに卓球をするのだ」
と判で押したように同じ返事をした。
普通、スポーツやった後にお風呂入るのに。
完全に温泉宿のノリじゃんか。

アメリカのうちは広いので、家の中、主に地下室をプレイルームにして、卓球台やビリヤードなどを置いているうちは珍しくない。
しかし、日本人の私にとって、家の中、しかもうちは地下室はないので部屋の1室に卓球台を置くという発想、かなり異質。
床、絨毯だし・・・。

ここ数日、インターネットで卓球台の値段調査をしていた夫だが、500ドル以上と、結構根が張るものが多かった。
手ごろなものもあったが、輸送料が100ドル以上かかってしまう。
やはり「現地現物」だと、スポーツ用品店のDICK'Sなどにも見に行ったが、台は置いていない。
しょんぼりする夫につい同情し、
友達がスポーツオーソリティにあるかもと言っていたよ、
とアドバイスしてしまった。
さっそくネットで場所を調べ訪れると、
ありました、確かに売ってました、卓球台。高いのから安いのまで。
しかもそのうちのひとつは「広告の品」となっていて、格安。
購入を、即決する夫。
ほんとに買うんかい、とヒク私。

しかし問題は、大きすぎて私たちの車では載せることができないということ。
どうすんじゃーと動揺する私の横で、夫はすかさず会社の同僚に電話し、トラックで運んでもらうことを快諾してもらっていた。
す、すばやい・・・。

その後空港に出張者の方を迎えに行き、ごはんをいっしょに食べた後、うちにお茶に来てもらったのだけど、彼はまだダンボールに入ったままの卓球台を見て、激しくウケていた。
2階のマスターベッドルームに卓球台を置くなんて!
「どんな心理状態でこれを買ったんですか」
と出張者の彼も呆れてました。

ついに念願のブツを買って、とっても満足げな夫。
しかし問題発覚。
意外と組立が面倒そうだった・・・。
少なくとも今週土日のどちらかは組立に費やさないと、実際にプレーをできそうにない。
組立が億劫で、このまま部屋のオブジェと化したりして・・・。

夫は今後はボクシングのサンドバックも買って、同じ部屋に置きたいと言っている。
卓球台にサンドバックって、夫は一体何に向かっているのだろう。
ただ単に、うちにいながら温泉宿気分いい気分(温泉)、に浸りたいだけだと思うけど。
次はエアーホッケーあたり買いかねないな、と心配。

卓球台様に寝室を奪われ、今日から別の部屋で寝ることになった。
でもこれが、意外と快適。
やっぱり小さな部屋の方が、慣れてて落ち着くわ〜・・・。


IMG_2688.JPG


     部屋のオブジェ。

















以外と面倒そうな組立。
IMG_2689.JPG
posted by Hana at 04:35| Comment(4) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

庭の訪問者

うちの庭にはよくリスが遊びに来ます。
先日はつがいのリスがじゃれあいながら通って行くのを見たけれど、実にほほえましい。
庭の周りの木には、鳥がたくさんいる様子。
なかなか姿は見えないけれど、1日中、色々な種類の美しい声が聞こえ、時にうっとりと聞き惚れてしまう。

リスさん、鳥さん、いつも楽しませてくれてどうもありがとう。
感謝をこめて朝ごはんを用意してみました。レストラン
IMG_2417.JPG
鳥かごの横には鳥のえさだけではなく、水まで用意する気合の入れよう。

・・・・・・なかなか食べに来ない。
インコ用のえさなど、野生の鳥は食べないのだろうか。
リスは、松ぼっくりや胡桃など、ありふれていて食傷気味なのだろうか。

夫に相談したところ、人間が触って人間くさいからだ、との答え。
なるほど。さもありなん。
今度からは手袋をして用意することにする。

ところで昨日、ぼんやり庭を見てたら、がさがさっと物音が!
なにかと思ったその瞬間、現れたのは、なんと鹿。
出るよ出るよ、とは聞いていたけれど、実際に見たのはこれが初めて。
しかも、2匹。
ぱけらーんぱけらーんとジャンプしながら遠ざかっていきました。
ああああああー手(パー)と言っている間に通り過ぎてしまい、写真が撮れなかったのが残念。

アトランタって、野生の動物がたくさんいるんですねぇ。
日本では考えられなかった庭への訪問者に、興味津々であります。
そういえば、教会の先生が、庭でにんじんを育てるとウサギに食べられちゃうよ、と言っていた。
うちの庭に、うさぎがにんじんを食べに来る・・・。
実際に困っている人の苦労も省みず、その様子を想像しただけで胸がときめく私は、まだアトランタ初心者ですね。

訪問者の変わり種としては、犬というのもありました。犬
窓から顔を出し、小首をかしげてきょとんとしてこちらを見ていたのだけど、きょとんはこっちだよ。
びっくりするわ。
無事家に帰れたんかいな。

今日は何が来るのかな。
毎日目が離せません。(隠居生活か)



posted by Hana at 05:54| Comment(8) | おうちネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。