2006年08月20日

夫と赴任と英語

英語学校が7月いっぱいで終了して以来、すっかり英語学習から遠ざかっている気がする。
なので今日は英語学習についての記事を書きたいと思います、夫のだけど。
(なんだそりゃー。興味の無い人はスルーください・・・。)


もともと、英語にも海外にも、まるで興味の無かった夫。
英語は、大学受験時には人一倍勉強した自負はあるけれど、だからと言って「外国で英語を使った仕事がしたい!」、という考えとは対極にいるような人でした。
しかし、語学や海外への思いがある無しに関わらず、夫の日本の会社は、「TOEIC600点を越さない限り毎年受け続けなければいけない」、という掟があるのであります。(みなさんの会社にも似たような掟あります?)
入社以来あと数点で600点、というところをさまよっていた夫は毎年受けさせられ、それがとっても煩わしかったらしい。
一度600点を越してしまえば一生免除なので(それもどうかと思うけれど・・・)、今度こそ600点越えをしてやる!と息巻き、おととしの6月から、とある英語学習機関の「TOEIC対策 1年間コース」に通い始めました。
その結果がかわれてアトランタ駐在が決まったのね、と考えると話がきれいにまとまるのですが、実はそういうわけでは全然無く、それどころかその少し前まで中国の駐在話があり、会社から中国語を勉強させられていたぐらいなのです。(私も浮かれて中国語勉強していました・・・)

アトランタ駐在が本決まりになったその年の9月には、まだTOEICも受け直しておらず、会社に登録されている得点は600点未満のままだったので、英語力が買われての駐在決定、というわけではありませんでした。
でもそういう方、多いですよね。
「海外でも、仕事で出しちゃえば本人は必死になってやらざるを得ないから、語学なんてすぐ使えるようになる。ならなきゃ駄目。」とよく会社の上の方々が言うのを耳にするし。耳

駐在決定に伴い会社主催の「早朝英語教育」が始まり、毎朝のその教育に加え週末も学校と、本人も期せずしてえらいことになってました。あせあせ(飛び散る汗)
でもその甲斐あって、赴任直前に受けたTOEICでは、得点を200点近く伸ばすことができ、本人もほっとしてました。(辛うじて抜かされずに済んだ・・・。でも今受けたら確実に負ける。)
嫌でも嫌いでも、仕事の為となると頑張り、成果を出すさまを、大変だなぁ、とも、えらいなぁ、とも思いながらただ眺めていた私。(←おい)


かわいい仕事だからと逃げ場の無い夫に比べ、妻の立場は気楽なものだす。かわいい
極端な話、英語を話せなくても話さなくても、日々はそれなりに過ぎていく。話せるに越したことはないけれど、でもできないからと言って夫のように大きな問題にはならない。
だからこそ、上達するにはかなりの意志が必要で・・・。
私の場合は時間がたっぷりあるので、上達しないことへの言い訳の道はないのだけど、めきめきと上達している夫と比べ何が足りないかと言えば、ずばり、
「必死さがない」の一言に尽きるのだろうな。

ゆうべテレビで「Back to the future U」をふたりで観ていて、私は聞き取れないのに夫だけ笑っている、ということが何度かありました。
ちっ、面白くないのぅ、と思いつつ、会社で日頃米人と格闘している成果なのだな、と心の中で密かに労をねぎらいました。(密かにじゃ意味ない?)

みなさんの旦那様は希望されての赴任か、わが夫のように期せずしての赴任か分かりませんが、どちらにしても異国で働くということは大変ですよね。
言葉の壁はもちろんのこと、文化の違いに疲れることも泣かされることも、たくさんあると思います。聞いているだけで腹が立つことも多いし(笑)。

ほんとに大変ね・・・と思いつつ、家事をする以外私にできることも特に無さそうなので、妻が毎日楽しく過ごしているとうれしいかな、と思い、せっせと実行している毎日なのであります。手(パー)

お粗末なしめ方・・・。
posted by Hana at 10:14| Comment(10) | 英語学校&習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

新たな出会い at「Thai Spaice」

今日は、いつも私のブログにコメントをくださるMomoさんと、初めてお会いしました。

場所はNorcrossの「The Forum」内にある、「Thai Spice」。
「The Forum」は雰囲気がお洒落な場所ですよね。建物がすべてレンガ調で統一されていて。お店やレストランを覗きながらぶらぶらと歩けるし。
theforum genkan.jpg











forumjewelry.jpg

forumfood.jpg

以前、kitaponniceさんのブログを見て、可愛らしい雑貨屋さん「swoozies」に行ったのが初めてでしたが、いつかレストランも入ってみたいなぁ、と思っていたのです。
「The Forum」を待ち合わせ場所に指定してくれたMomoさんに感謝。
Momoさんが行ったことのあるお店を3件あげてもらい、私の趣味で選ばせてもらいました。(なにせカレー好きなもので)

お店の前で初対面。コメントやメールでは何度もやり取りをしているのに初対面。
なんだか不思議な感じ。この瞬間が出会い系の醍醐味ね。(いや、出会い系じゃないけど)
最初は緊張したけれど、食事をしながら会話しているうちに次第にそれもほぐれ、すぐに打ち解けて話すことができました。
初対面と言ってもお互いの基本情報を知っているし、話もどんどん盛り上がり、とっても楽しいランチタイムを過ごすことができました。

私のオーダー「Green Curry」
IMG_3726.JPG

Momoさんオーダー「Thai Fried Rice」
IMG_3728.JPG

Momoさんにつられてオーダー「Thai Iced Tea」
IMG_3725.JPG
あまーいけれど、カレーがちょっと辛いのでこのアイスティーで緩和でき、絶妙なハーモニー黒ハート


食後、同じ「The Forum」内にある「CARIBOU COFFEE」でさらにおしゃべり。喫茶店
そうそう、今週「CARIBOU COFFEE」でコーヒーを頼んだ方はこちらのサンプルがもらえるそうです。日曜日まで行うとのこと。(私はDecafを頼んだのでサンプルもDecaf。普通のコーヒーを頼めばサンプルも普通のモノです。)
IMG_3730.JPG

その後、「The Forum」内のお店を散策、Williams-Sonomaが思いがけずSALEをしていて、なんだか得した気分のふたり。

Momoさん、今日はほんとにありがとう!
またぜひ、ランチなどご一緒しましょうね。
「The Forum」内の人面牛の看板の店、「Ted’s」でもOKですよ!
logo.gif

↑落ち込み気味の男性の横顔に見える・・・。
え?そんなことない?


posted by Hana at 18:53| Comment(6) | 美味しいお店&美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

未知との遭遇「Dinosaur Egg」

今日は朝から絶不調。頭が重く、吐き気すらする。
しかし、先週キャンセルになり今夜に延期になった夕食接待のため、どうしても買い物に行かねばならぬ。
重い腰を起こし、Harry’sへ。スピードを出すのも億劫だったので高速はパスし、エンヤコラ、した道で行きました。
あー冴えないなぁ、と店内をのろのろ歩いていると、野菜売り場の一角に、目の覚めるような不思議なものを発見!

その名も、「Dinosaur Egg

なんじゃこら???
見た目は、ほんとに恐竜の卵みたい。
これって野菜?フルーツ?
興味津々で手にとってしげしげと眺める。
ここまで未知の食べ物を見たのも、なんだか久しぶり。
た、食べてみたい・・・。
というわけで、ふたつ購入。

Ta-da! これがそのDinosaur Eggだ!
IMG_3703.JPG

IMG_3723.JPG
アップ。













IMG_3721.JPG

ひとつひとつにトレードマーク付き。












はっきり言って、キモイ・・・。実物は写真以上に、キモイのです。
長い間手に持っていることが、ためらわれるほどに、キモイ。
これが大量に積まれていた光景を、ご想像ください。かなり不気味じゃないですか?

夜お客様にお出ししようかと思ったけれど、味も未確認だし、なにより嫌がらせに近い。
ヨシ、自分で食べてみよう。(ただ好奇心が抑えきれないだけ)

皮をむいたとこ。(フリスクはブツの大きさが分かりやすいよう置いています)
IMG_3718.JPG

すごい色なんですけど・・・。なんか血走ってるように見えるし。
果物らしいことだけは分かる。

肝心なお味はと言いますと。
甘酸っぱい。これが最初の印象。なんというか・・・、スモモをよりさわやかにしたような、甘酸っぱさ。種に近づくほど甘くなる。
悪くない感じ。
・・・でも1回でいいかな。なんならスモモの方がいいかな。
みなさんも気が向いたらお試しください。
(きっと私と同じ感想を持たれることと信じます)
でもこれって、男のお子さんにはすごくウケがいいのでは。そんなことも思いました。


位置情報買い物おまけ
以前「オダワラ」を紹介した時にparipariumeさんがコメントで教えてくれた「Arden's Garden」。
(アトランタが本社だそうです。ホームページによると、フルーツジュースだけを2〜3日間飲むことによる、デトックス(解毒)のクラスを、各支店にて定期的に開催しているようです。)
色々な種類がありましたが、絶不調の自分を励ますため、こちらを選びました。
IMG_3706.JPG

REAL ENERGYだなんて、名前がいい感じひらめき

色んな果物入っています。
(リンゴ、いちご、桃、バナナ、花粉、朝鮮人参、ビタミンB群、葉酸←ナイス!)
容器の側面を見ると、果物の粒子が容器の8割ぐらいまで積もっているのが見える。ジャムみたい。
果物そのものを食べているかのように味が濃く、美味でした。ぴかぴか(新しい)
元気になったど!(思い込み激しい)





牛乳は今回はこちら。
IMG_3702.JPG

ビタミンA&D入り。

妊婦さんはビタミンAは取りすぎてはいけない、という注意文を色々なところで目にします。(奇形の率が増えるのだとか)

余計なもの入れないで〜
なんなら「カルシウム、さらに増やしておきました」ぐらいのことをして〜
と勝手なことを思いながら結局購入。(大量摂取しなければ大丈夫とのこと)





今日は意外な「卵」に好奇心を刺激され、家路に着く頃にはちょっと元気になった私。
異国のスーパーは未知のものがたくさんあって、面白いですね。
まだまだ発掘するど。目



posted by Hana at 17:17| Comment(14) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

新たな出会い at「CANOE」&「Zaria」

今日は「Happy my life in ATLANTA」のmilkさんとお会いしました。かわいい

ブログのコメントやメールでは何度もやり取りしたことがあるけれど、実際にご本人にお会いするのは、これが初めて。
ちょっと緊張。朝からそわそわ。

「とまとCobb店」で待ち合わせ、milkさんの車でレストラン「CANOE」へ。
IMG_3696.JPG

このお店、Chattahoochee River添いに面していて景色がキレイだと聞き、1度行ってみたかったのです。
11時半の開店少し前に着き、一番客でした。(張り切りすぎ?)

IMG_3687.JPG
お店の様子。
12時を過ぎると川沿いの席は満席に。














IMG_3686.JPG
私たちのテーブルからの景色。
緑と花、そして日差しに煌めく水面がきれいでした。









IMG_3688.JPG
Crispy George's Bank Cod Sandwich
red chili tartar sauce, french fries, lettuce, tomato

これってイギリス名物「Fish & Chips」なのでは。
サンドイッチだと思ったのに?
と思い魚のフライの下を見るとちゃんとパンが。
左上のトマト・レタスの下にもパンがありました。
はさめってことか。絶対無理よ〜。




IMG_3689.JPG
South East Cobb Salad
grilled chicken breast, smoked bacon, avocado,
gorgonzola cheese

具だくさん、ごちそうサラダ。
二人ともアボカド好きなことが判明し、オーダーしました。





ボリューム満点のこの料理、二人で仲良くシェアしました。
正直、味は普通でしたが、お店の雰囲気も景色も良いので、居心地よく過ごせました。
なにより、milkさんとの会話が、初対面とは思えないほどはずみ、とっても楽しいランチでした。レストラン

食後はお庭を散策。足
季節の花々がきれいでした。
IMG_3692.JPG













IMG_3691.JPG











夜はこんな感じ。ロマンティックなんだろうな〜
directions.jpg


その後、「Zaria」にお茶へ。喫茶店
Zaria周辺にはレストラン、雑貨屋さんや服屋さん、アンティークのお店などもあり、ちょっとぶらぶら散策。足

IMG_3699.JPG
13時過ぎに行っても賑わっていたZaria。










IMG_3698.JPG
テラス席で優雅な午後のティータイム。
(ここでもレモネードを飲む人。)

ここでも会話は途切れることなく、Zariaにもすっかり長居してしまいました。

milkさん、今日はどうもありがとう!
英語学習に趣味開拓にと努力されているmilkさんのお話、とっても刺激になりました。パンチ
また是非ランチしましょう。
どこにでも駆けつけますよ〜〜車(セダン)

posted by Hana at 18:37| Comment(2) | 美味しいお店&美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

よだれかけ=スタイ の謎

昨日、土曜日は夫が珍しく家にいました。
うほうほと喜んで外出を期待する私に、夫の一言。
「今日は一日中、おうちにいたい。」
・・・そうね、疲れてるもんね。雨だしさ。そうしましょう。
夫がパソコンやDVDを見続ける間、私はお裁縫をして過ごしました。
千恵さんのブログであみぐるみを見て以来、お裁縫に目覚めてしまったのです。
と言っても作っているのはあみぐるみなどの高度のモノではなく、スタイ(よだれかけ)なんですけど。
一気に5つも作ってしまったー。さー、これでよだれも怖くないわよ!
IMG_3672.JPG












IMG_3682.JPG











表地:着古したTシャツ、キャミソール 裏地:着古した薄手のフリース
型紙:こちらでダウンロード


ところで、よだれかけをスタイと呼ぶこと、妊娠してから知りました。
これって何語なんでしょう?
英語だとよだれかけって、
「bib」・「dicky/dickey」
と辞書にあります。
「bib」って呼んでいるのはよく聞きますよね。
じゃあスタイって・・・。
英語だとしたらつづりは「sty」かなぁ、と勝手に検討をつけて辞書をひいたら、

「豚小屋・汚い場所」

と出てきてしまった・・・。
つづりはstyではないことだけは確実らしい。
というか、英語ではないのだな。

気になって調べてみたところ、ネットでこんな文章を発見。

「スタイとは、乳幼児用のよだれかけのこと。
その語源は、一般的に、よだれかけを販売していた
アメリカの洋服メーカーの名前から来ているといわれている。
したがって、もともとは英語ではあるものの、
「よだれかけ」の意味では、日本以外では通用しない。」

そうだったのかー。合点。
日本以外では通用しない外来語
日本ってこういうの多いですよね・・・。
和製英語、嫌いだ・・・。(だって外国出た時足ひっぱるだけじゃん!)
(和製英語の一覧については以前も紹介したこちらのサイトをご参照くだされ。)



位置情報ここからは美味しいもののお話。

夕方、予約していた美容院へ行くため、ようやく外出する気になった夫と、「フードマートいのうえ」へ。
こちらの薄切り肉は良い!と友人から教えてもらい以前購入しましたが、ほんとに日本のみたいで、良かった。ひらめき
H Martの薄切り肉みたいに骨片入ってないし。臭くないし。
「しゃぶしゃぶ用薄切り肉」と「しょうが焼き用薄切り肉」を購入。

その後、
夕食は、実はまだ行ったことのない「梅園」へ行ってみようか、
ということになり向かってみました。車(セダン)
ところが!店内は満席で、並んでいるお客さんが、何組も。
すぐに断念。
「梅園」って人気なんですねぇ。あそこの「海鮮ちらし寿司」は味、値段ともに優秀だと聞いています。
私は妊婦のためお寿司が食べられないので、他にお薦めがあったらみなさんぜひ教えてください。耳

どうしても和食な気分だったので、そのまま近くの「焼き鳥甚兵衛」へ。
ついつい前回と同じ「焼き鳥丼」を注文してしまった・・・。
だってここへ来たからには焼き鳥食べたいしさ。
IMG_2839.JPG

IMG_2842.JPG

こちらは以前来たときの写真、
焼き鳥盛り合わせ。








夫が、「これうまいんだよー」と言って注文した「雑炊」。
確かに美味でした。
今度来たら雑炊に焼き鳥数本、ってのがいいかも知れないなん。


位置情報おまけ
今日、日曜日は夫は出勤。さっき帰ってきました。
夕食は夫リクエストのもの。
ここで突然、メニュー当てクイズです。

「ねずみが4回鳴いて欲しがる食べ物ってなんでしょう。(出題:夫)」



答えは、「シチュー(4チュー)」


・・・・・・失礼しました。手(パー)

posted by Hana at 18:30| Comment(14) | 赤んぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

お宝の山「アンティークマーケット」と絶品生パスタの店「FIGO」

今朝は4時に目が覚め、その後眠りに戻れぬまま朝を迎えました。
夫を5時40分に起こした時、私が妙にハイテンションで彼は驚いたに違いない。
妊娠するとホルモンの作用でよく眠れなくなる時期があるそうです。
先週は眠り病か?と思うほどよく寝てたのに。
女体の神秘ですねぇ。(なんか表現間違ってる?)

さて、昨日は女性4人と男のお子さん(9歳)と共に、Lakewood Antiques Marketに行ってきました。

このマーケットはジョージア最大のマーケットで、毎月第2の週末(木・金・土・日)にのみ開かれるそうです。
木曜日はearly buyers dayで入場料は5ドルと、普段より2ドル高いのですが、それだけ掘り出し物もあるはず。この入場券はその週末中使えます。
1500以上ものvendorが集まり、州外から毎回出展に来る方もいるそう。
高まる期待。どんっ(衝撃)

今回声をかけてくれた友人は、あのファイヤーキングOLD PYREXHazel AtlasFederal Glass等などのガラス器ついて、とてつもない知識と鑑識眼をお持ちの方。
アンティークを見に行くならぜひ彼女と行きたい、とかねてからラブコールを送っていたので、今回声をかけて頂いた時からうきうきでした。
帽子、扇子、サングラス、お水を持って、いざ出陣〜パンチ

とその前に腹ごなしを。レストラン
ファイヤーキングの達人であると共に食通でもある友人お薦めの、パスタのお店「FIGO」へ。
IMG_3608.JPG
彼女いわく、「私が知る限りでアトランタで最もおいしいパスタ」とのこと。
なんとなんと、生パスタを使っているらしい。
こちらでも高まる期待。どんっ(衝撃)

お店は入り口付近まで人が並び、とっても混んでいて、人気店の香りがぷんぷんしました。
City of Atlanta、ZAGAT SURVEY、citysearchなどでもここ数年ずっと賞を取っているようで、たくさんの額が飾ってありました。
オーダー方法が変わっていて、最初に入口でパスタ麺の種類、ソースの種類を別々に選び、会計を済ませてから席に座ります。
パスタ麺はラビオリ、ショートパスタ、ロングパスタ等がありますが、ショートパスタは乾麺なので、この店に来たからにはラビオリかロングパスタを選んだ方が良いとのこと。
私は、フェットチーネのほうれんそうのパスタ麺に、ソースはフォンギ(マッシュルームのクリームソース)を選びました。
ちなみにパスタ麺3ドル、ソース4ドル。合計7ドル。安い!

全員会計が済み、席へ。
店内は壁が淡いオレンジ色、天井にはファンが回り、窓が大きく、開放的で明るい雰囲気。
常に満席で、とっても賑わっていました。(逆光で暗く写ってもうた〜)
IMG_3601.JPG

サービスのパンをオリーブオイルにつけて頂いていると友人とシェアでオーダーしたアイスティーが来ました。

IMG_3602.JPG

Blackberry Iced Tea (unsweeted)
ブラックベリーの香りが口と鼻に広がって、とってもおいしい。
ここのアイスティーはどれもおいしいそうです。
(全てunsweeted。言えばガムシロをくれます)











そしてついに運ばれてきた、私のフェットチーネフォンギ!
お姉さんがやって来て、粉チーズをかけてくれます。(写真かかり過ぎ?でもこの粉チーズも美味でしたよ〜)
IMG_3603.JPG

アメリカ上陸初の生パスタ。どうかなどうかな。

おおおおお、おいしい〜〜〜黒ハート

生パスタって感じ、するする。(ほんとか)
しばらくは無言で夢中で食べました。
都会に来ればこんなおいしいパスタがあったのか。またしても名店を知ることができて良かった。
そんな思いに浸りながら味わいました。
ここのパスタ、見た目より量があります。男性でも満足できるはず。しかも安いし。
かなりお薦めのお店です。連れて行ってくれた友人に感謝。ぴかぴか(新しい)

このお店の周りには、これまた行列のできていたスペイン料理屋さんや子供服のお店、そしてあの「BACCHANALIA」もありました。
ランチでいいからいつか行ってみたいなん。

お店を出た後はいよいよアンティークマーケットへ!
IMG_3622.JPG

ひろーい敷地内に倉庫が5つほどあり、その中にお店があります。
なーんでも売っているけれど、私の狙いは食器のみ。
一つ目の倉庫に入ると・・・。
おおお、あるある、食器がいっぱい!
IMG_3611.JPGIMG_3609.JPG

IMG_3618.JPG

IMG_3619.JPG

ガラス器を見つけるたびに友人がレクチャーしてくれ、その知識の深さに改めて舌を巻きました。
ほんとすごい。その辺のvendorよりすごいよ。本出せるよ。お店開けるよ。
彼女を見る私はすっかり尊敬の眼。目

ひろーい会場とたくさんのお店をぐるぐる見ながら、彼女のレクチャーをありがたく拝聴しながらの、あっという間のお買い物でした。

そしてついに購入!
My First Fire-King!
IMG_3658.JPG
「Candleglow」という絵柄のカスタードカップです。
状態もかなり良いです。
お店の方がおまけしてくれ、5個で8ドル。
安い〜

こちらはMy First OLD PYREX!
IMG_3647.JPG
「Friendship」という絵柄です。
こちらもおまけしてもらい、ふたつで18ドル。
大切にするよ〜


目利きの友人のお陰で、充実の初アンティーク狩りでした。
行く前はふーん、ファイヤーキングか、もし売ってるのを見つけたら欲しいなぁ、ぐらいだったのが、実際お店に行って、目の前にあるのを見ると、

あ!これあの専門誌に載っていた!ほんとに売ってるんだ!買えるんだ!

と一気に士気が揚がっちゃいました。単純・・・。

その後訪れた友人宅でファイヤーキングの専門誌を見ても、
あ、これお店にあった、これも売ってた、この柄も見たぞ〜〜
と急に本の内容が頭に入るようになったし。
こうやってはまっていくのかしら。
でもアメリカ滞在中ならではの趣味で、いいかも。
IMG_3636.JPG

みさみさ先生、これからもご指導よろしくお願いします!

位置情報おまけ
先生宅で頂いた、手作りコーヒーゼリーとバナナケーキ。喫茶店
朝からこさえてくださったそうな。これまた絶品。
IMG_3623.JPG

ほんとにファイヤーキング・カフェ開いたらどうですか・・・。

位置情報おまけ2
今日1日を過ごした友人のいとこの方からの日本土産。
IMG_3641.JPG
いやーん、懐かしいものがいっぱいだよ。涙。
愛知が誇る坂角のゆかりまで入っている。いつぞや話題になったおにぎりせんべいまで。
涙涙。
ありがとうございました。ぴかぴか(新しい)
私も自分の子を、お子さんのように好奇心旺盛で素直な子どもに育てたいです。
これを読まれる頃は日本で山頭火ラーメン食べた後かしら。う、羨ましい・・・。

2006年08月08日

妊婦のうんちく ―ハイジとユキちゃんとオダワラと―

最近、カルシウム鉄分を摂取するのがマイブームです。
カルシウムと鉄分は、妊婦さんに必要な2大栄養素なんだとか。
ここで突然のウンチクをば。
(参考:主婦の友社「妊娠大全科」・「プレモ」)

演劇カルシウム
成人女性が1日に必要なカルシウムは600mg。
でもそれを満たしている人は、ごくわずかとのこと。
そして妊婦さんの1日のカルシウム必要量は900mg、成人女性の約1.5倍
ちなみに手軽なカルシウム摂取方法の代表、牛乳でも、コップ1杯(200cc)で200mg。かなり意識しないと1日の摂取量をクリアできないことが分かります・・・。
もし妊婦さんがカルシウムの必要量を摂取しなければ、赤ちゃんはお母さんの骨や歯をとかしてでも摂取するそうです。
なんと。恐ろしや。
将来骨粗鬆症にならないためにも、みなさんも妊婦さんになったらカルシウムを取りましょう。

カルシウムを多く含む食品
わかさぎ、いわし、じゃこ、ししゃも、牛乳、ヨーグルト、加工チーズ、木綿豆腐、納豆、大豆、小松菜、菜の花、かぶの葉など。

演劇鉄分
妊婦さんになると妊娠前の2倍近い量の鉄分が必要になるそうです。(15mg〜20mg)
2倍の量は摂取がなかなか難しいので、妊婦さんはえてして貧血になりがち。
しかし!貧血のままお産に臨むと、陣痛が弱くて難産になったり、出血が止まりにくくなって大出血を起こしたり、産後も体力が回復しにくくなるなど、さまざまな弊害があるとのこと。
そのほか、酸素は体の中を循環している血液によってゆきわたるとのこと。
お腹の赤ちゃんにフレッシュな酸素と栄養を送ってあげるためにも、みなさんも妊婦さんになったら鉄分を取りましょう。

鉄分を多く含む食品
レバー、いわし、カキ、牛ヒレ肉、ひじき、ほうれんそう、プルーン、木綿豆腐、納豆、水煮大豆、小松菜、あさり、しじみなど。


と、知ったかぶりをかましたところで、明日の夕食接待のため買い物に向かったHarry'sで、さっそく牛乳を購入。
オーガニック牛乳なんて体に良さそうだわ。良く分かっていないけど。どれにしようかなん。
と、その時目に飛び込んできた。
こ、これは・・・!
IMG_3538.JPG

     ↑ハイジとユキちゃん?


あ、ゆきちゃんはヤギだったか。
ハイジもでかすぎるし。(それを言うならユキちゃんもでかい)
でも一瞬あの主題歌が聞こえてきそうな牧歌的なパッケージに惹かれて購入。

しかもこれ絵、つながってる。
IMG_3541.JPG
IMG_3542.JPG


演劇赤ちゃんの器官が形成される初期に特に必要とされる葉酸。赤ちゃんの神経発達のためにも摂取の必要があり、二分脊椎、無能症、神経管閉鎖障害を予防するとのこと。
カルシウム、鉄分と並んで妊娠期間中必要な3大栄養素とされることも多く、日本のお医者さんも、妊娠期間中だけではなく授乳期間中も摂取を薦めています。
葉酸を多く含むグリーンアスパラガス、キウイ、ブロッコリーも購入。
(その他にグレープフルーツ、かぼちゃ、モロヘイヤにも多く含まれる)
そうそう、友人が、枝豆にも葉酸が多く含まれているよ、と教えてくれました。冷凍モノをしっかり購入。冷凍野菜は栄養もそのままだし、いつでも使るし、便利だわ〜

演劇次にビタミン
最近夫とはまっているのが、この「odwalla」シリーズ。
IMG_3399.JPG


右の、透明!?

いや、ちょっと飲んじゃったんです、
失礼・・・。






私達は強引に、「オダワラ」と読んでいます。

2.99ドルと少々お高いのですが、これが濃厚で美味なのです。
飲んだ後は肌がきれになった気がする。(絶対気のせい)
お腹の赤ちゃんも喜んでいる気がする。(これは未確認)
たまに飲んでいい気分に浸っています。

そして最後におやつ。(いや買わなくていいだろ)
先日のタイ料理デリバリーの集いの時に友人が持ってきてその存在を知った、「カルビーのさやえんどう」アメリカ版。
IMG_3598.JPG
Haryy'sに売ってたよ、と教えてもらったのですが、確かに、伊藤園のお茶の横に島チンされていました。
特筆すべきはそのお値段。
H Martで売っている日本版さやえんどうは2.49ドル。たかっ。
しかしこのアメリカ版さやえんどうは、なんと1.49ドル。やすっ。
夫が大好きなのでよくH Martで買っていたけど、これからはHarry'sだな。
教えてくれた友人に感謝。ぴかぴか(新しい)



位置情報おまけ
ゆうべのカルシウム源、いわしちゃん。
IMG_3587.JPG

ありがたく、頭からもしゃもしゃ頂きました。
栄養をありがとう。
迷わず成仏してください。

なむー。

posted by Hana at 18:00| Comment(12) | 赤んぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

おいしいイタリアンピザ!「Fritti」

今日、夫は休日出勤に出て行きました。
休日出勤するならいつもは土曜日を選ぶのに、なぜ今回は日曜日にしたかというと、昨日は月に一度の「PATAK買出しデー」だったのですね。
相変わらず、夫張り切っています。
そうそう、友人いわく、PATAKのsmoked beef tongueがとっても美味しいらしいです。
PATAKから帰ってきてから知ったので今回は買えず。次回の楽しみにしよう。

夫が、お昼はおいしいイタリアンが食べたいと言うので、前々から1度行ってみたい、と思っていたダウンタウン東の「Fritti」へ行ってみました。レストラン
(機会があればいつでも行ける様に地図はプリントアウト済み。用意良すぎ?)
本当はFrittiの姉妹店で隣接している「sotto sotto」へ行きたかったのだけど、そちらは夜しかやっていないとのことで、断念。
友人いわく、ジョージア来て初めてアルデンテのおいしいパスタを食べたのがsotto sottoだ、とのこと。他の友人も、sotto sottoは美味しいよ!と言う。ネットでもよく名前見るし。
アルデンテって日本では当たり前だけど、アメリカではパスタと言えば、給食のソフト麺ばりに柔らかい。そして大体ミートソースかクリームソース・・・。

Frittiのランチはサラダ、パニーニ、ピザがメニューの中心ということだけど、パスタじゃなくともちゃんとしたイタリアンが恋しい今日この頃だったので、Frittiへ行くと決まり、気分はうきうき黒ハート

お店外観。テラス席がたっぷり。中はムーディ。暑いので私たちは中へ。
IMG_3581.JPG

私たちは「BRESAOLA DELLA VALTELLINA」という店員さんお薦めのサラダと、というプロシュート、モッツアレラ、トマト、ルッコラのパニーニ、カルツォーネのピザを注文しました。

IMG_3571.JPG

サラダ。
ドレッシングはさっぱりしているのにチーズはコクがあり
ドライビーフは旨味があって美味。








IMG_3574.JPG


私オーダーのパニーニ。
パニーニも久しぶり〜









IMG_3578.JPG




プロシュートが
とっても美味しかった!








IMG_3575.JPG

夫がオーダーしたカルツォーネ。
いいにおい〜










IMG_3576.JPG

中身はこんな感じ。
チーズがたまらなく美味〜












お味は有名店だけあって、言うまでも無く、大変おいしゅうございました。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
他のテーブルのピザを見ても、クラフトが薄くてパリパリな感じ、ちゃんとイタリアンピザ。
夫も大満足の様子で、アメリカの分厚いピザやフードコートのなんちゃってイタリアンだけじゃなく、たまにはちゃんとこういう美味しいお店に来ないとダメだね、なんて言ってました。
でもほんとに久しぶりにおいしいイタリアンを食べられて、幸せでした。
夜のパスタも食べてみたいな。赤んぼが産まれる前に「sotto sotto」ディナーも行かなくちゃ。

食べ終わる頃にはふたりともお腹いっぱいで大満足、デザートは断りましたが、ふと近くのテーブルを見ると、みんなしてなにか食べている。
あれは・・・。
パンナコッタだ!
うわ〜おいしそう〜 ごくり。たらーっ(汗)

私:「パンナコッタなんてこっち来て初めて見たよ。お腹空けておくんだったよ。」
夫:「ナンテコッタ、って思った?」
私:「・・・う、うん。でも、どうしても食べたかったら自分で作ればいいか。」
夫:「ソンナコッタ、と思った。」

・・・・・ほんと、身も心も、お腹いっぱいだよ。

位置情報
テラス席ではちいさなお子さんを連れた家族も何組かいました。
ここのテラス席ならこども連れても来られそうだね、とふたりでチェック。
それにしても感心するのは、アメリカの子どもたちのテーブルマナーの良さ。
みなお行儀良くきちんと座って、静かに食べていました。
時折ちょっと大きな声を出すと、ご両親がすかさず注意をし、すぐに治まる。
なんでも「日本より」の私ですが、こういうところは見習いたいなぁ、と思いました。

Frittiの近くにはとても賑わっているBakery Cafeや小さな可愛らしいレストラン、コーヒショップにペット用品のお店等々があって、興味をそそられました。
アメリカはチェーン店ばかりで面白くない、と思っていたけど、ある場所には固まってあるものなのですねぇ。

たまには都会に来ないとイカンな、と思った昼下がり。
IMG_3584.JPG
















演劇話は全然変わりますが、
食後、夫が日本食スーパー「とまと」のCobb店に行ってみたい、というので私の運転で連れて行ってあげました。
(先日のブルーベリー狩りの際待ち合わせ場所が「とまとCobb店」で、私もその時初めて行きました。)
夫いわく、Peach店よりこっちの方が、お店が明るく広く、品数多くていいね、とのこと。活気もある。私も同感。
そしてなによりふたりで同感したのは、店員さんが格段に違う、ということ。
普通に対応が、良い。
深く言及するのは避けますが(笑)、もうCobb店ばっかりにしようか、なんてふたりで話しました。
同じ会社の、「とまとはCobb店しか行かない」というポリシーをお持ちのご家族ともちょうど偶然に会って、なんだか笑えました。

家に帰ってから昼寝。眠い(睡眠)
夕食は夫がこさえてくれました。
ああ、いい土曜日だったなるんるん
(なんか食べて寝て、動物的。)

2006年08月03日

赤んぼ初検診!

今日は待ちに待った産婦人科の初検診の日でした。

場所は「Northside Doctors Center」。予約の時間は10時。20分前には来て欲しい、とのことだったので、この日のため休みを取ってくれた夫とふたり、8時に家を出ました。
なぜかハンドルを握るのは私。車(セダン)
え、なんで・・・?と思ったけれど、理由は高速に乗った頃すぐ分かりました。
夫の携帯、鳴る鳴る。鳴りっぱなし。phone toすべて会社から。
夫がハンドル握ってたらあぶないとこだった。
1日の休みを取るのがいかに大変なことなのか、ようく分かりました・・・。
その後も携帯は鳴り続ける。

今日の高速はI-85、285ともに目立った遅れも無く、9時15分頃には無事病院へ到着。病院
受付で名前と予約時間、担当の先生の名前を言うと、免許証、保険証、事前に病院から送ってもらっていた問診票を提出するように言われました。
その後、尿を取り、指定場所に提出した後、受付で待つように言われ、夫とふたりおとなしく受付で座っていました。

待つこと、1時間以上。10時50分、ようやく名前が呼ばれ、看護婦さんに伴われ、中へ。
すぐに体重を測り、次回からは来たらすぐに尿検査と体重測定は自分で済ませておいて、との指示。
その後、「あのベッド」のある、小さな個室に入り、看護婦さんに血圧を測ってもらうと、すぐ先生が来るから準備をして待つように、と言われました。
え?準備って?
と思っていると、服を全て脱いで、そこにある紙の服を身に付けておいて欲しい、とのこと。
服、全部脱ぐんだ・・・。知らなかった・・・。
せっかくスカートはいてきたのに意味なかった。そういえば受付で待っていた妊婦さんたち、全員ズボンはいていたわ。
全部脱ぐんですね、としつこく聞くと、今日は初診だから乳癌の検査もするから、とのこと。なるへそ。
それにしても、この紙の服、服って言うか、ただの紙・・・。
上衣はベストのような形なのでまだヨシ、しかし下は、ただの一枚の紙でした。
これを腰布のように巻きつけ、待機。なぜか笑えてくる。

待つことさらに10分、ようやく担当の先生登場。初対面!
担当の先生はアジア系の女医さんで、とっても優しそうな、感じのよい方で安心しました。(たぶん中国の方。でも独特のアクセントも無いきれいな英語でした。)
すぐに乳癌検査のため触診をし、次に子宮癌の検診。最後に子宮癌検診を受けたのはいつか、水ぼうそう、はしかにかかったことはあるか、などを聞かれました。
そして、いよいよ赤んぼの検査。

ついに見ました、赤んぼの姿!その心臓が動いている様子!


ta−daぴかぴか(新しい)
右下の丸が頭、その下が胴体、小さい丸ふたつが手。

IMG_3566.JPG

IMG_3567.JPG

ク、クリオネみたい・・・ぴかぴか(新しい)可愛いでないの黒ハート


感動の対面の後、「服を来て、血液検査に行ってから自分の部屋に来るように」と言われ、先生はいったん出て行きました。
流れを把握していないので色んな展開に緊張の連続です。初めての場所は迷路のようで、場所もよく分からないし。
指示された血液検査の場所に行ってびっくりしたのが、南米系と思われる女性の妊婦さんが、号泣してたこと。注射が怖いらしい。
その周りを憚らない派手な泣き方にも驚いたけど、周りの看護婦さんたちのやや大げさとも取れる、手厚い対応にもびっくり。大柄な黒人の看護婦さんが飛んできて、彼女を抱きしめながら声をかけたりしていました。
付き添っていた旦那さんはと言えば、目を赤くして若干もらい泣きしている。
アメリカだなぁ。妙なところで感心。
私は忍の一文字で無事血液検査終了。
その後先生の部屋へ行き、お話をしました。

位置情報お話の内容
赤んぼについてはすべて順調。
激しい運動を控え、生モノ・魚を取らないようにすること。(水銀で汚染されているため)
今回処方したビタミン類をちゃんと服用すること。
今回渡す妊娠についてのパンフレットなどをよく読んでおくこと。
赤ちゃんが正常に育っているかどうかを診る血液検査を受けるかどうか、それについて書かれたパンフレットをよく読んで、次回までに決めておくこと。

などの注意事項を言われました。その他、大きな病気をしたことはないか、入院歴はあるか、なぜ日本で産むのか、いつ頃帰国予定なのか、母乳で育てることを希望するかなどについて、和やかな雰囲気の中お話しました。

その後会計で支払いをし(今回は10ドル)、診察は終了。
今は1ヶ月に1度の検診なので、9月、10月と、あと2回しか先生にはお世話になれないけれど、良い先生で良かったです。
夫にクリオネ写真を見せると、
おおおおおおおおおexclamation×2
と感動の声を上げていました。
病院を出たら、なんだか急にほっとしました。

かわいいさて、せっかく夫が平日にお休み取れたのだから、どうせなら素敵な場所でランチしたいレストラン
そう思って、前日から3件ピックアップし、地図をプリントアウトしていた私。
食通の友人に相談し、そのうちの1件である「watershed」に決めました。
このお店はminiaaさんのブログでも紹介されていて、お店の雰囲気も素敵だなぁ、と思っていたのです。
実は今回カメラを忘れてしまったので、お店や食事の感じをお知りになりたい方はminiaaさんのブログをご参照くだされ。
ずっと食べてみたかった、南部料理のCATFISH FRYとサンドイッチを頼みましたが、おいしかった〜黒ハート
CATFISHは淡白で、白身のお魚のフライといった感じ。サンドイッチはパンが私の好きなナッツなどの入った健康系パンで、具もおいしくかつボリューム満点で、大満足。
特に、miniaaさんも召し上がった「白トリュフとチキンのサンドイッチ」、噂どおり絶品でした。ぴかぴか(新しい)
友人によると、近くに素敵なキッチン用品のお店もあるとのことだったけど
夫がぐずりだしたので(←笑)諦めて帰宅。

帰りもなぜか私が運転。車(セダン)
ランチでビールを飲んだ夫は爆睡していました。眠い(睡眠)
まぁ、でも日頃の疲れもあるし、せっかく休みを取ったんだし、と気にしていなかったのに、高速を降りる頃、寝返りを打ってちょっと目を覚ました夫が、一言。

「寝てないよ・・・。」

いや、そのセリフ、無駄だよ。
寝てないにしても目つぶって無言で横になってたら寝てるのと一緒だし。

なにはともあれ、実りある、良い1日でした。
クリオネちゃん、健やかに大きくなってねん。キスマーク
posted by Hana at 20:27| Comment(26) | 赤んぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

タイ・デリバリーの集い

今日はBuckheadの友人宅に女性4人+赤ちゃん1人で集まり、タイ料理のデリバリーを食べました。
恥ずかしながら私、タイ料理にもデリバリーがあることを知りませんでした。中華ならよく広告が入るけど・・・。
さすが都会はいろんなものがあるなぁ。

頂いたお料理たち。
IMG_3545.JPG

タイ料理ってほんとにおいしい。
特にタイカレー。
カレーってもしかしたら私がアメリカに来て、一番おいしいと思った料理かも。
アメリカに来てから、うちでもカレーは良く作るし、Lemon Grassのタイカレーもとっても美味だったし、夫の会社のインド人が作ってくれたインドカレーは絶品だった。
お肉屋さんPATAKの傍に「Curry Curry」というお店があり、今度試してみよう、と夫と話している。
カレーって素晴らしい。
カレーばんざい。
ああ、でもカレーと言えば湘南の「珊瑚礁」のカレーがいちばん夫が作ってくれるカレーの次に美味しいよ。
食べたいなぁ。誰か送ってくれないかなぁ。なんつって。(やらしく催促)

話がそれましたが、デリバリーですらおいしいタイカレーとその他のおかず達を賞味しながら、わいわいと色々なことをおしゃべりをしながらの、とっても楽しいランチでした。レストラン
すっかり長居をしてしまって、申し訳ないだす。
でも友人宅はオシャレで快適で、とっても居心地が良かったです。
お招きほんとにありがとう!

位置情報
タイ料理つながりで余談。
昨日Harry'sに行った際、新発売らしき、「レトルトのアジアごはん」が島チンされているのを発見。
そのパッケージ、「ぱっと見」タイ風OR中華風。
ふーん、こんなの出たのね、と商品を良く見てみると、その料理名「Pad Thai」とある。
やっぱりタイごはんか、と思った次の瞬間、目に飛び込んできたのは、
「KA・ME」というブランド名。

IMG_3533.JPG

KAME?カメ?
タイの言葉でカメってどんな意味なの??
気になり思わず商品を手に取り確認。




するとそこには、
KAーMEとはturtleの意味。日本の伝説によるとカメは長寿の象徴。」などの意味の英文が。
IMG_3534.JPG




「KAME」って、日本語の亀かい・・・。

意外な展開だよ、こりゃ。(というか、やっぱり?)
何種類かある商品をもう一度見直せば、「Teriyaki」なんてのも、しっかりありました。

箱のサイドには、ご丁寧に、タイや日本の場所を表す地図まで載っている。
IMG_3532.JPG
なぜだか無性に惹かれてしまって2つ買っちゃったけど、夫はこういった、「なんちゃって日本系」のモノが大嫌い。
やばい。ばれたら叱られる。
見つかる前に葬らねば。お腹に。

ちなみにこのKAMEブランドの商品、どこで作られているか、気になりますよね。
(あれ、私だけ?)
答えは箱にしっかりプリントしてありました。

「Product of Thailand」

やっぱりタイなんじゃん!


IMG_3535.JPG





他の種類(Honey GingerなんちゃらとPeanutなんちゃら)も実は気になっている私。




posted by Hana at 20:23| Comment(3) | 日々の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。